心機一転の表情じゃない?伊藤健太郎のイメチェン写真に苦言殺到!

拡大画像を見る

 俳優の伊藤健太郎が11月6日、自身のインスタグラムを更新。パーマをかけた“イメチェン姿”を披露した。

 伊藤はこれまでのストレートの髪型から心機一転、細かくパーマをあてた、いわゆる“くるくるパーマ”姿にイメチェンした自撮りショットをアップ。ウインクしながら唇をとがらせた表情で、コメントには「髪型チェンジしました!! 心機一転頑張ります」と意気込みを見せた。

 インスタのコメントには《可愛すぎる》《えー!超かっちょえーじゃん。似合う》《そのお口は‥‥顔近づけますよ~》などファンから絶賛の声が並んだが、伊藤のイメチェンを報じたネットニュースのコメント欄は、《くるくるパーマはともかく、インスタにあげたこの写真、どういう反応が返ってくるのかわかるよね。アンチ増やすだけでは?》《心機一転って‥‥謙虚さとかないのかな》《普通の顔してUPすればいいのに、インスタ見たとたんすぐに閉じてしまったのは私だけでしょうか》《もっと普通に写真撮れなかったのでしょうか。心機一転頑張りますに合わせる顔じゃないよね》など苦言が殺到している。

「伊藤は20年10月にバイクとの接触事故を起こし、以降は芸能活動を自粛していましたが、1年が経過したタイミングで活動を再開。今月7日にニュースサイト『日刊ゲンダイDIGITAL』が報じた記事によると、初仕事となった舞台『SOULFUL SOUL』は70席という小規模な劇場で公演が行われたにも関わらず客入りは芳しくなかったそう。さらに10月8日に伊藤が主演を務めた映画『今日から俺は!!劇場版』が『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で放送された際、地上波初放送で興収53億円の大ヒット作にも関わらず、視聴率は11.2%と微妙な結果に。同枠で4月に放送された映画『るろうに剣心』は4度目の放送、興収30.1億円で視聴率12%だったので、伊藤が起こした事故の影響は大きかったと推察されます。

 俳優は役に合わせて髪型を変える必要があるため、自由に変えることはあまりできないようで、できるのは長期の休みをもらった時ぐらい。伊藤の“くるくるパーマ”も新しい役に合わせてイメチェンした可能性が高いので、その点に関しては批判は少ないのですが、表情にカチンと来た人が多かったようです。それだけ事故を起こしたことによるイメージダウンがまだ尾を引いているということでしょう」(芸能記者)

 伊藤が気兼ねなくハジけられる日はもう少し先になりそうだ。

(柏原廉)

関連リンク

  • 11/10 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 伊東健太郎氏は刑事罰を受け、民事の方も被害者と和解しています。小山田圭吾氏のやった事は捕まっていないだけで暴行障害教唆・殺人未遂教唆です。文面で被害者に謝りたいと言っていたけど、今も会えていません。ちなみに被害者は障害が進んでしまい意思の疎通が出来ません。健常者より短かったQOLの高かった時間を地獄に変えられた事を被害者や家族はどう思うでしょう。世間が許したとしても家族は絶対に許さないでしょう。

  • ***

    11/12 13:39

    駄目です!過去の事はいつまでもほじくりかえしますから。以前はそんな考えなかったが五輪の時の音楽か演出の人の犯罪行為でない遠い昔の事をほじくりかえして辞めさせましたね!民意がそうなら私は従いますから。遠い遠い過去の事でもそうなら犯罪行為犯した奴にはもっと酷い事をしないとな\(^-^)/

記事の無断転載を禁じます