小倉優子、夫の家出直後の心境を涙ながらに回想「泣きそうになる」と同情票急増

拡大画像を見る

 タレントの小倉優子が11月8日放送の「100%!アピ~ルちゃん」(TBS系)に出演し、夫が家を出ていった当初は「自暴自棄」にも陥っていたと振り返った。

 小倉は2018年に歯科医の男性と再婚し、翌19年11月には2人にとって初となる三男を妊娠するも、その直後に夫が家出。以来は別居状態が続き、2020年1月には夫側から離婚の意思があることを伝えられるも、小倉側は復縁を望んでいるとされ、同年7月に三男を出産した。

 番組では、そんな小倉の生活に密着取材。小倉は「ここで今、小3の長男、4歳の次男、1歳の三男と暮らしています」と別居が継続中であることを認め、1年ほど前から住んでいるという現在の賃貸の一戸建てについて「本当はこんなに広くなくていいんですけどね」とも語った。

 一戸建てを選んだ理由として、「旦那さんの部屋とかがちゃんとあって、1人になれる」と説明。前に夫と暮らしていたマンションでは「ガラガラっていうドアでみんなの声がすぐ聞こえるけど、だから、今度は落ち着いた、ちゃんと書斎とかがある部屋だったらいいかなって私が勝手に夢を持って引っ越してきたんですけど」と夫が戻ってきてもすぐに対応できるような間取りになっているようだ。

 小倉は夫が家を出て行ってしまった際の心境を「泡になって消えてしまいたい、と思ったこともありました」「本当、一時は自暴自棄じゃないけど、別居報道が出てからしばらくずっと(そんな感じで)思ってたけど‥‥。出産して仕事を休んでて、もう芸能人として戻れないんだなって思ってて、どうしようかな、1人で3人(を育てる)って‥‥」などと涙をこぼしながら回顧。最近では徐々に仕事も増え始めており、「いっぱい叩かれてるので、これ以上叩かれても、怖いものはない、できない自分を出すのは怖くなくなりましたね」とも語った。

「夫婦間でどのような問題が生じたのかは2人にしかわかりませんが、今回の密着番組の放送により、ネットでは小倉への同情票が急増することに。とりわけ、小倉との間に三男をもうけた直後に家を出たという部分への憤りの声が多く、『ご主人はこれを見たらどういう気持ちだろう。覚悟を持って二児のママであるゆうこりんと結婚したんじゃなかったの』『一体どんな事情があれば子供たち3人を置いて出て行ってもいい理由になるんだろう』『この小倉さんの姿を見たら何か泣きそうになる』などの声が続出。早く離婚して新しい男性を探すべきだとする声もありました」(テレビ誌ライター)

 小倉が、勝手に抱いているというその“夢”が叶う日は来るだろうか。奮闘はまだまだ続くことになりそうだ。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 11/10 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます