西の高校生探偵・服部平次、恋のポンコツエピソード追加!?アニメ『名探偵コナン』

拡大画像を見る

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)11月6日は「大岡紅葉の挑戦状(後編)」。服部平次と遠山和葉、恋のライバル大岡紅葉が久しぶりに登場するということで、“ラブの予感”に視聴者は盛り上がった。

毛利蘭のもとに紅葉から「工藤新一に解いてほしい暗号がある」というメールがくる。ある資産家の屋敷に長年勤めていた家政婦が、四人の息子に暗号を残し亡くなった。彼女はミステリー好きで息子達が力を合わせて宝物にたどりつくように、四人に一枚ずつ暗号を送ったそうだ。彼らが暗号を共有した直後、長男が音信不通に。トラブルに巻き込まれたかもしれないということで、暗号を解き、行方を探して欲しいというものだった。紅葉はこの日に東京へ来て、詳しい話をしてくれるらしい。蘭は急いで新一に暗号を送り、「新一に、蘭と一緒に紅葉の話を聞いてきてほしいと頼まれた」というコナンと共に、紅葉が待っている杯戸中央ビルの屋上へ向かう。そこには平次と和葉の姿もあり……というストーリーの解決編。

コナンが花を持たせる形となり、紅葉の出した挑戦に勝利した平次。そのままの勢いで和葉を引っ張っていき告白しようとする。しかし、振り返った平次のそばにいたのはコナンだった。紅葉が執事の伊織無我を使い、蘭と和葉を誘ってSNS映えスポットでの写真撮影をしていたのだ。

Twitter上では「平次ポンコツ過ぎて笑ったw」「なんで居なくなるまで気が付かないの!?」「目を見て告白しなさいよ……」などと呟かれた。一方、和葉に対しても「あんだけ勢いよく連れてかれたのに何故なの和葉w」「和葉ちゃんも大概鈍感」など、この二人のすれ違いに数多くのツッコミが入った。

邪魔が入ったり、せっかく告白したのに誤魔化したり……と進んでいるようで進んでいない二人の関係。今回、和葉が絡むと途端にダメダメになる平次の“ポンコツエピソード”が追加される形となったのだった。

「きっと今回もないよ“ラブの予感”。でも、もしかしたら今回こそ……」とヤキモキする視聴者や、先に幼馴染である蘭に告白し成功した新一など、周囲をギャフンといわせる素敵なシチュエーションを平次は見つけることはできるのだろうか?

【文:山田 奈央】

関連リンク

  • 11/10 12:01
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます