ゴールデンボンバー歌広場淳、文春砲「ゲス不倫&中絶トラブル」でテレ東大混乱『ポケモン』に甚大ダメージが及んでいる!!

拡大画像を見る

 ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの“エアーベーシスト”である歌広場淳(36)と不倫関係にあった女性が、11月10日付の『文春オンライン』(『週刊文春』〈文藝春秋〉)に怒りの告発を行なった。

 ゴールデンボンバーといえば、ボーカルの鬼龍院翔(37)以外のメンバーは楽曲に合わせて楽器を演奏する“フリ”をするエアーバンド。2011年リリースの『女々しくて』が大ヒットし、2012年の『NHK紅白歌合戦』に初出場。以降、4年連続で『紅白』に出場を果たしている。

 そのゴールデンボンバーのライブでの振り付けも担当する歌広場は、2016年6月に“こけし似”だという一般女性と結婚。2019年に第1子の女児、そして今年8月には第2子となる男児が誕生したことを自身のブログで発表していた。

 そんな歌広場だが、2020年1月に飲み会で知り合った20代の一般女性Aさんとその日のうちに男女の関係に発展。以降、デートを重ね、歌広場が地方の仕事にAさんを呼んで密会を楽しんだりと、恋人のような交際を続けていたという。

「今年2月にはAさんの妊娠が発覚。当初は歌広場も“逃げも隠れもしない”といった男気あふれるメッセージを送っていたようですが、すぐに中絶を迫るようになったといいます。しかもAさんには“夫婦関係は破綻している”と言っていたものの、今年8月に第2子が誕生。

 歌広場の妻とAさんは同じ時期に妊娠していたわけです。それを誕生直前まで隠していたことも、Aさんの怒りに火を注いだようです」(女性誌記者)

■歌広場淳に“文春砲”直撃でテレビ東京もパニックに

 授かった子どもを産みたいと思っていたAさんだが、妊娠14週で破水してしまい、つらい決断をせざるを得なかったという。

『週刊文春』の問い合わせに、歌広場の所属事務所は詳細を回答することはできない、としたうえで「ご質問の前提となる事実に関しては概ねその通りでございます」と、歌広場とAさんの関係を認めている。

 また、『文春オンライン』には歌広場がAさんに送った生々しいLINEのやりとりも掲載されており、より詳細な内容が11月11日発売の『週刊文春』に掲載されるという。

 制作会社関係者は話す。

「実は歌広場さんのこの不倫スキャンダルで、テレビ東京にも大きな衝撃が走っているんです。というのも、同局では歌広場さん、ゴールデンボンバーが出演予定だった『ポケモン』関連の特番を目下制作中だったそうです」

 ゴールデンボンバーの鬼龍院は歌手の西川貴教(51)と「西川くんとキリショー」名義でアニメ『ポケットモンスター』(テレビ東京系)のオープニングテーマ『1・2・3』を担当していたこともある。

 また、歌広場はプロゲーマーを目指すほどのゲーム好きとして知られ、ゲーム番組『格ゲー喫茶ハメじゅん』(TOKYO MX)ではMCを担当。また、ゲームのライブ配信を月に10回以上行なっており、チーム戦略バトルゲーム『ポケモンユナイト』も好んでプレイしている。

 11月7日の21時からも動画配信を予定していたものの、1時間前に「本日21時から予定の配信ですが、お休みさせていただきます。直前のお知らせですみませんが、何卒よろしくお願いします」とツイート。翌8日も「本日21時からの配信ですが、中止とさせていただきます。楽しみにしてくださっていた皆様、昨日に引き続きすみません」と配信が中止となっていた。

■歌広場淳の“エグすぎ”不倫スキャンダルで『ポケモン』特番は消滅!?

 前出の制作会社関係者が続ける。

「おそらく、11月7日に『文春』の取材を受けたのではないでしょうか。テレビ東京の『ポケモン』特番については、まだ公に情報は出ていませんでしたが、制作が進められていて、ゴールデンボンバーも番組に大きく関与していたといいます。

 しかし、歌広場さんのスキャンダルが報じられることが分かり、彼らの出演シーンを全部カットするか、最悪の場合は番組自体がなくなる、今まさにそうした協議がされているという話です。子ども向けのコンテンツですから、今回報じられたエグすぎるスキャンダルは絶対にNGですよね」

 ゴールデンボンバーについては、9月4日に鬼龍院が一般女性との入籍を発表したものの、結婚を決めた直前の今年3月まで10年にわたって交際していた別の女性がいたという“二股交際”を、9月8日の『文春オンライン』に報じられたことも記憶に新しい。

「鬼龍院さんに続いて2発目の“文春砲”を食らったわけです。これで、少なくとも当分は、鬼龍院さんや歌広場さん、そしてゴールデンボンバーが子ども向け番組に出演することはできなくなるでしょうね。今回はおそらく、テレビ東京、そしてポケモン関連の会社から“NG”が出てしまったのではないでしょうか。ゲーム好きの歌広場さんですが、今後はそういった仕事も難しくなるかもしれませんね……」(前同)

 ゲスすぎる不倫スキャンダルの代償はあまりにも大きかった――。

関連リンク

  • 11/10 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • まぁ坊

    11/24 17:25

    脇役は脇役らしく生きなって感じ。調子に乗り過ぎ。天狗さんさよなら!

  • 良い子のみんなは、絶対に真似しないでね…。 って、テロップ出すしかないって…。(;^∀^)

記事の無断転載を禁じます