太田光、自分が原因で罵られている妻を擁護「あの人は無礼者じゃない」「お前らが気に入らないのは俺だろ?」

拡大画像を見る

11月8日の『太田光代(ota324)ツイッター』で、太田光代社長はこうつぶやいている。

「ハッシャタグて#太田光代クズとか。嘘とか、え? 私って、意味が分からなくなる。それは太田光でしょう。私は同じじゃない。私もいつも戦ってる。アイツと。」(原文ママ)

1週間が過ぎてもなかなか収まらない炎上騒ぎと自身へ向けられた非難の声に、彼女は相当疲労していることがうかがえる。これまでも太田光が何かしでかすと関係各所に頭を下げて謝罪して回っていた光代社長だが、今回は「アーリン(太田光)に礼節など無理です。ただ、皆さんは礼儀正しく美しく。生きているのですか? そんな人は芸人出来ません。少なくとも馬鹿ですよ。芸人は」「政治家は? 政治家の人に。私は礼節を重んじます。とか聞いたことないですよ。やっぱり馬鹿じゃないと出来ないのでは無いかと思います」と彼を擁護するようなツイートをしたため、一部の人から反感を買ったようだ。

11月9日深夜放送の『JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)でも先週に引き続き、冒頭から太田の炎上騒ぎの件に触れた。「俺は本当に無礼者ですから」と太田は選挙特番以降、多くの人からお叱りを受けそれは十分に自覚したと話している。ただ今回の炎上について、同業者の多くは擁護というより太田光を「アイツはバカだね」などと感想を述べているだけなのに、「お前も消えろ」「クソ!」などと罵倒されていることが彼には我慢ならないようだ。「俺は無礼者だけど、その人たちは無礼者じゃないわけだから…」と神妙な口調である。

そして話は妻である光代社長に及んだ。「ウチの社長だってさ、もちろんね責任はあるのかもしれないけども」「ただ、社長としての一面としては、それはタレント庇いますよ」と言い、ツイッターではあのような発言をしていたが、実際はかなり怒られたようだ。「個人として私人としてのウチのカミさんは、皆様と同じ(太田光は)“無礼者”って意見」にもかかわらず、光代社長が「消えろ! クソ女!」などと多数の人から罵られていることにも、彼はいたたまれない思いなのだ。「あの人は無礼者じゃない」「お前らが気に入らないのは俺だろ?」といった言葉には、所属タレントというより妻への愛情が感じられた。

画像2枚目は『太田光代 2021年11月1日付Twitter「アーリンに礼節など無理です。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 11/10 17:31
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます