東出昌大、千鳥と『ゴッドタン』佐久間宣行Pの「Netflix新バラエティ」出演で待つ「壮絶ボコボコみそぎ」の洗礼!

拡大画像を見る

 11月10日、お笑いコンビの千鳥が、Netflixで来年3月に配信される番組『トークサバイバー!~トークが面白いと生き残れるドラマ~』でMCをつとめること、企画・プロデュースは元テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行(45)が担当することが正式発表された。

《実力派俳優陣が脇を固める本格ドラマの撮影に千鳥・大悟と人気芸人たちが挑戦。しかしドラマ台本の一部にはセリフが書かれていないフリートークゾーンが用意されており、そこで語るリアルなエピソードが面白くなければ脱落となる。》

 と、番組ルールが告知されている。

「今回の正式発表に先駆けて、10月26日付の『NEWSポストセブン』ではこの番組に、ケンドーコバヤシ(49)、狩野英孝(39)、そして俳優の東出昌大(33)が出演することを報じていました。現在の東出にとって、この番組やMCの千鳥が救世主となる可能性がありますね」(女性誌記者)

 東出は20年1月の『週刊文春』(文藝春秋)で、唐田えりか(24)との3年にわたる不倫関係が発覚し、好感度が急落。

 同年の8月に妻の杏(35)と離婚した東出は、今年は『BLUE/ブルー』や『草の響き』など映画にも出演し、ほとぼりが冷めつつあったのだが、今度は今年10月14日発売の『週刊文春』が新恋人の存在をスクープ。単なる恋愛ならまだしも「撮影のために滞在していた広島県呉市のホテルに、新恋人のAさんを呼んでいた」という常識を欠いた行動だったため、所属事務所は怒り心頭のコメントを出していた。

■『ガキ使』中止の今年に降ってわいたチャンス

「そんな状況の東出だからこそ、千鳥やケンコバ、そして狩野に不倫ネタを徹底的に面白おかしくイジってもらって、みそぎとすることができるかもしれません。ちなみに、出演者では千鳥の大悟(41)は浮気が週刊誌で報じられることになり、発売前に妻に見え透いた嘘をついた結果“勝負に出たのう!”と激怒されたほか、狩野も6股騒動を起こし、それを現在もネタにされ続けていることで知られています。東出の不倫をどうネタにすれば極力不快感を与えずにすむかも、熟知していると思いますね」(前出の女性誌記者)

 キツいお笑い番組で痛い目を見て、それをみそぎとするパターンとしては、ダウンタウン冠番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の年末特番『絶対に笑ってはいけないシリーズ』が、これまでその機能を担ってきた。

「16年に、この年にグラビアアイドルとの不倫が報じられた袴田吉彦(48)がブーメランパンツを履き、頭にもパンツをかぶった姿で登場。“月に数回ホテルで不倫をし、ポイントカードを貯め歩き、浮気相手に売られてしまった最強のだらしなさ! 不倫仮面、袴田!”と叫んだり、17年末には前年にゲスの極み乙女。の川谷絵音(32)との不倫が報じられたベッキー(37)が出演し“みそぎのタイキック”を食らい、19年末には同年に複数女性との不倫が報じられた原田龍二(51)も、不倫した教師の設定で登場。

 このように、不倫ヤラカシ芸能人が世間に許してもらうために出演する、一面も持った番組でしたね」(前同)

■「みそぎドッキリ」に引っかかった経験も

  しかし、今年は『絶対笑って年越したい! 笑う大晦日』(仮)が放送予定となっており、『笑ってはいけない』は放送を休止する、ということが明らかになっている。

「そんなタイミングで発表されるのが、千鳥と佐久間Pによるこのネトフリの番組です。東出に出ないという選択肢はないでしょう。また、同じくネトフリでは11月5日に森山未來(37)主演で、東出が同僚役で出演している映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』が配信されるし、来年1月には東出が出演する映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』も控えている。タイミング的にも、これ以上ない最高の時期ではないでしょうか」

 まだ杏と離婚していなかった昨年7月も、11日放送の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)で、ドッキリVTRを見ていたMCの東野幸治(54)に「小手さんよりも東出くんにやってよ! 東出くんにやってよ!」と、意味深な言葉を絶叫されたり、椅子に座らせるとその座面が割れて、中に仕込まれたスースーする液の中にお尻が落ちる「イスースー」の餌食にされたこともあった東出。

 千鳥と佐久間Pの「ボコボコみそぎ」で、東出は今度こそ新しいスタートを切れるのか……?

関連リンク

  • 11/10 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます