岸博幸氏 18歳以下10万支給に所得制限「非常に出来の悪い政策」「政治的妥協」

拡大画像を見る

 元経産省官僚で慶大大学院教授の岸博幸氏が10日、日本テレビ・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、新型コロナの支援として所得制限を設けた上で18歳以下の子供に現金クーポン各5万円が支給されることに「政治的妥協の結果として非常にできの悪い政策が出来た」と辛らつに語った。

 番組では18歳以下の10万円の給付について、世帯主年収960万円の所得制限を設けることで自公が合意したというニュースを取り上げた。10万円は現金5万円、クーポン5万円となる見込み。

 これに岸氏は「政治的妥協の結果として、非常にできの悪い政策が出来た」とバッサリ。「働く人、勤労者の年収、国税庁のデータを見ると440万円。なんでその2倍の数字が所得制限の基準になるのか。全く意味がない。それなら10割の方がよっぽど良かった。(自公)両方のメンツを立てるためだけ」と辛らつだ。

 また、「未来応援」の意味合いがあるのであれば「なぜ大学生が入らないのか」とも指摘。「制限の設け方がおかしい。本当に出来が悪い政策の典型」とも語っていた。

関連リンク

  • 11/10 15:27
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます