大泉洋、主演作の世界配信に期待「『水曜どうでしょう』もNetflixでやっているのに…」

拡大画像を見る

俳優の大泉洋が10日、動画配信サービスNetflixが開催するラインナップ発表会『Netflix Festival Japan 2021』にて行われたNetflix映画『浅草キッド』舞台挨拶に、共演者の柳楽優弥、劇団ひとり監督と共に出席した。


『浅草キッド』は、ビートたけし作詞・作曲による楽曲「浅草キッド」の同名自叙伝を、劇団ひとり監督・脚本によって実写化。大泉は幻の浅草芸人と呼ばれた深見千三郎役、柳楽は千三郎の弟子のタケシ役を務める。


ビートたけしをはじめ、萩本欽一や東八郎を育てた伝説の師匠・深見を演じた大泉。「残っている資料をいただいたり、監督からたけしさんのお話しを聞くなか、とにかく粋で照れ屋という印象を持ったので、そこを膨らませていきました」と役作りについて語ると「僕が台本を読んで思っていたよりも、芸に対して厳しい人なんだろうなと思いました」と演じたことによって得た感想を述べていた。


また大泉は、深見の妻を演じた鈴木保奈美に対して「僕の高校時代、ずっとトレンディドラマを観ていたので、久々に緊張する女優さんでした」と笑顔を見せると「お会いした瞬間『鈴木保奈美だー』って心の中で叫びました。奥さんとして見るのに時間がかかりました」と胸の内を明かす。さらに大泉は「ご自身の出番がないときに『惚れる男のステージ姿を観たい』とわざわざ深見が漫才をしている姿を客席でご覧になっていたんです。そういう姿も勉強になりました」と女優としての立ち振る舞いに脱帽したという。


本作は世界中で配信されるが、大泉は「僕が出演している『水曜どうでしょう』もNetflixでやっているのに、僕の人生はまったく変わらない。でもこの作品によって僕の人生は変わるのかな」と作品の広がりに期待していた。

関連リンク

  • 11/10 14:48
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます