思春期の衝動に「自分も同じ」の声 冷たく突き放した祖母と最後に…?

拡大画像を見る

多感な時期に、家族へ冷たく当たってしまうことはありますよね。

漫画家の枇杷かな子(@BiwaAmazake)さんは、思春期に後悔したことがあるそうです。

それは、祖母にいってしまったひと言。

枇杷さんが漫画として描いた祖母とのやりとりに、多くの人が心を打たれました。

『祖母とあの恥ずかしい気持ち』

忙しい両親に代わって、枇杷さんに行事があるたびに参観していた祖母。

中学生になると、枇杷さんはいつも見に来る祖母を、うとましく感じるようになりました。

高校生になった枇杷さんは、思春期特有の気持ちが落ち着いて、祖母と自然に会話できるようになりました。

修学旅行の集合場所に祖母がついてきた時、たくさんの友達がいる中で、別れ際に祖母へ抱きついた枇杷さん。

これでもかというほど抱擁した後、祖母は照れながら枇杷さんを見送ります。

中学生の時に感じていた「祖母の存在が恥ずかしい」という気持ちは、成長した今はありません。

枇杷さんと祖母のエピソードに、多くの人がコメントしました。

・自分のおばあちゃんを思い出して、泣きそうになりました…。

・心温かくなる話をありがとうございます。

・思春期の時、自分も同じだったから、懐かしくて切なくなる。

枇杷さんの祖母は、距離を置かれた時も、自然に会話できるようになった時も、変わらず枇杷さんを大切に想っていたことでしょう。

成長してみて、初めて気付くことは多いです。

後悔している言動があったとしても、今ならば違った立ち振る舞いができるかもしれません。

ずっと一緒にはいられないからこそ、親しい人たちを大事にしていきたいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 BiwaAmazake

関連リンク

  • 11/10 13:10
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます