カテドラル、マイルCS1週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

拡大画像を見る

 前走京成杯AHで重賞初制覇を果たし、勢いに乗るカテドラル(栗東・池添学厩舎)。次走はマイルチャンピオンシップ(11月21日・阪神芝1600m)への出走を予定しており、今朝10日はレースに向けた1週前追い切りを行っている。

 2回目のハローが終了した直後のCWへ1頭で入場。気分よく、軽快に向正面を駆け抜けていくが、決して折り合いを欠いているという感じではない。ぐんぐんとスピードに乗って3、4コーナーでの加速も十分。最後の直線に向いてからも余力十分で、ゴール前は力強い走りを見せた。

 時計は6F81.1〜5F66.0〜4F51.5〜3F37.8〜1F12.2秒。ハロー直後とはいえ、雨の影響を受けたウッドチップで少し重たさがある中でのこの時計はさすが。もともと追い切りで動くタイプとはいえ、前走からレース間隔があいているので、その点を気にしていたが、そういった心配は無用という動きだった。

(取材・文:井内利彰)

関連リンク

  • 11/10 13:26
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます