橋本環奈&上白石萌音が“千と千尋”に ポスタービジュアル解禁「本当にやるんだなと実感」<千と千尋の神隠し>

【モデルプレス=2021/11/10】女優の橋本環奈と上白石萌音が9日、都内で行われた舞台「千と千尋の神隠し」(2022年3月より東京・帝国劇場ほかで上演)製作発表会に、共演の夏木マリ、朴璐美らとともに出席。本作のポスタービジュアルが解禁された。

◆橋本環奈&上白石萌音Wキャストで「千と千尋の神隠し」舞台化

宮崎駿監督の不朽の名作である『千と千尋の神隠し』を舞台化した本作。世界初演の舞台化にあたり翻案・演出を手掛けるのは、ミュージカルの金字塔『レ・ミゼラブル』の世界初演の潤色・演出など演劇史に残る名作を生み出してきた英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクター、ジョン・ケアード。かねてより『千と千尋の神隠し』の大ファンだったジョン・ケアードは、来日の折にスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーと対話し、宮﨑駿監督との対面も果たし、舞台化の許しを得た。

主演の千尋をWキャストで演じる橋本と上白石は、まず2人でステージに登壇し、本作のビジュアル看板をアンベールすると、橋本は「私も今日初めて見ました。2パターンあって萌音ちゃんと違うパターンで撮影すると聞いたときも、撮影のときも新しい体験というか、ワクワクドキドキしていましたね。実際にこれを見ると、“本当にやるんだな”という実感が湧いてきます」と目を輝かせ、上白石は「私ももう、後戻りができないところまできたなという思いで(笑)、いま流れている千と千尋の独特の音楽も相まって、いよいよ始まるなという高揚の中にいます」と心境を語った。

◆橋本環奈&上白石萌音、ポスタービジュアルを見て…

また、お互いのポスタービジュアルを見ての感想を求められると、橋本は「(上白石と)同じ日に撮影をして、萌音ちゃんの後だったので見せてくれたんですよ。そのときに2つ違う感じで撮るんだと知って、実際にこうして今日、大きなポスターを初めて見させていただいたんですけど、始まるんだなというワクワク感と、ちゃんと千尋としてポスターを飾れて私自身も嬉しいですし、萌音ちゃんもいま会っている雰囲気と全然違ってすごいなと思いました」と語り、上白石は「当たり前なんですけど“まあ、かわいい!”(笑)。1枚の絵として素敵な絵だなって思えるくらい、とってもきれいで、このお花は本物のお花で、そのセットだけ見ていたので、似合うだろうなと思いましたし、衣装もお似合いですし、早くこの姿で動いている環奈ちゃんを見て、私も刺激を受けたいなとワクワクしています」と期待に胸を躍らせた。

加えて、自身のポスタービジュアルを見た感想を尋ねられた上白石は「私、小さいときから千尋に顔が似ているって言われていて、目が離れているのがすごく似ているなって自分でも思うんですけど(笑)、割としっくりきたといいますか、でもここから内面も千尋に寄っていけるように頑張りたいと思います」と語った。

舞台「千と千尋の神隠し」は2022年3月2日〜3月29日帝国劇場(プレビュー公演2月28日〜3月1日)、4月に大阪・梅田芸術劇場メインホール、5月に福岡・博多座、6月に北海道・札幌文化芸術劇場、6月・7月に名古屋・御園座にて上演。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/10 12:48
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます