前田敦子、アイドルになる前を回想「男の子のことは大丈夫ですって感じで…」

【モデルプレス=2021/11/10】女優の前田敦子が10日、都内で行われた発表会にお笑いコンビ・ミルクボーイとともに出席。芸能界に入る前を振り返った。

◆前田敦子、芸能界に入る前を回顧

前田は2003年の12歳だった頃の自分について「まだまだ何もしていないとき。普通の千葉県の小学生だった。でも芸能界には憧れてはいましたね。いつか(芸能人に)なりたいと思っていた」と振り返った。

ミルクボーイの内海崇が「やっぱり当時も可愛かった?」と聞くと、前田は「いやいや全然です!すっごい地味な感じ」と苦笑い。「ほんまに?モテたでしょ?」とさらに突っ込まれると、「男の子のことは大丈夫ですって感じで、すっごい恥ずかしがり屋だった。目立たないように生活していましたね」と明かした。

◆前田敦子、ギフトをあげたい相手は?

この日は大切な人にあげたいギフトを紹介。贈りたい相手は「父と母」で、靴下やマフラー、手袋など防寒グッズをチョイスした。「私の子供と一緒に遊んでもらうことが多い。ぜひこれを着て公園で遊んでほしい」といい、「世界一のじいじ、ばぁばです!本当にありがとうね。あつこより」という手書きのメッセージカードも披露。「よく一緒に遊んでくれる。息子は、2人のこと大好きなんです。もう本当にいつもありがとうって思っています」と力を込めて感謝した。

前田とミルクボーイは昨年、初共演。内海は「僕らが初めてドラマに出させていただいたとき、その作品に前田敦子さんも出ていて、待ち時間にめちゃめちゃおしゃべりさせていただいた。ほんまに1時間喋っていただいた」と嬉しそうに報告。「前田さんから関西の若手の劇場事情を聞かれましたね。『関西の若手はどうやって東京の行き来をするんですか』って。聞いてどうするんですか(笑)」と話した内容を紹介し、「こんなにしゃべってくれた芸能界の方が今までいなかった」としみじみだった。

その後、内海は大阪の番組で「スタッフさんから『東京の芸能人で仲良しの方いますか?』と聞かれた際に、前田の名前を挙げるも「オファーしたら『全然無理でした』って…」と断られたことを告白。前田は笑いながら、「ミルクボーイさんがそう仰ってるって全然知らなくて…。オファーいただけたら行きます!」と関西の番組に出演することを約束した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/10 12:41
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます