橋本マナミ 木下都議の赤ワンピ「普段でも着ない」「パーティーなら分かるが」

拡大画像を見る

 女優の橋本マナミが9日、TOKYO MX「バラいろダンディ」で、無免許当て逃げ事故発覚後、初めて公の場に登場した木下富美子都議の赤ワンピース姿に「普段でも着ない」と目を丸くした。

 番組ではこの日、約4カ月ぶりに姿を見せた木下都議の話題に触れた。報道陣の前で無免許運転を詫びたものの、議員辞職は否定。体調不良のため議会に出席できなかったことなどを説明していた。

 これに橋本は「こんな人が議員になってる時点で、税金を納めるのがバカバカしくなってくるぐらい。誰が支持してこの方は議員さんになっているの?って不思議でしょうがない」と怒りの表情。

 さらにこの日の木下都議が胸元の開いた赤ワンピースを着用していたことにも触れ、「赤いワンピースって、パーティーとかで着るなら分かるが、この状況でこういう格好してくるのは、その程度の人間なのかなって思っちゃう」と呆れたように語った。

 これには遠野なぎこも「本当。被害が出ているわけだから、普通白シャツに黒のジャケットとかで来るべきだと思う」と同調。

 大島由香里アナが改めて「赤いワンピース、どうですか」と聞くと、橋本は「普段でも着なくないですか?」と指摘。遠野も「ちょっとずれてるんじゃないか」と首を傾げていた。

関連リンク

  • 11/10 11:51
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます