明らかに不審…S氏は「裁判の間、息子は父親の両親へ」「断れば君の不利になる」と脅してきて…?!【ドイツで交際結婚そして国際離婚する話】<Vol.136>

SNSで話題!泥沼な国際離婚の話を紹介!
「@pandapanta0918」さんの「明らかに不審…S氏は「裁判の間、息子は父親の両親へ」「断れば君の不利になる」と脅してきて…?!【ドイツで交際結婚そして国際離婚する話】<Vol.136>」を紹介します。


ドイツ人の旦那と国際結婚してから、離婚するまでの話です…。
前回、ぱん太さんは中立の立場のはずのS氏に「フリちゃんは父親の元で暮らすべき」と言われ、不信感を抱きましたね。

しかし、S氏の態度はますます高圧的になり…

今度は…




やっぱり不審…




どうしたらいいの…




ぱん太さんの迷いを一蹴…!



こんな脅しまがいのことを言う仲介者がいるんですね。
公平さの欠片もない人を仲介者にするなんて、ドイツの裁判所ってどうなっているんでしょう…。

しかし、なぜS氏は明日フリちゃんを父親の元に連れて行きたいのでしょう。
理由がわからないから、なおさら不信感が募りますね。


今回は「明らかに不審…S氏は「裁判の間、息子は父親の両親へ」「断れば君の不利になる」と脅してきて…?!【ドイツで交際結婚そして国際離婚する話】<Vol.136>」をご紹介致しました!

次回、「フリッツに母親はお前だけだ!」私はフレードの言葉を聞いて、S氏に「子どもは父親の元へ連れて行かない」と言って…?!


毎日1日1話更新中♪
次回の配信もお楽しみに!

(恋愛jp編集部)(イラスト/@pandapanta0918)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/10 11:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます