2022年はどんな年になる? 星占い「星栞」シリーズ著者・石井ゆかりが未来を予測!

拡大画像を見る

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。“頑張るプロフェッショナルの女性の素顔に迫る”をテーマに、各界で活躍されている素敵な女性をゲストに迎えて話を伺うコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅらいず」。

11月8日(月)放送のゲストは、星占いの記事やエッセイなどを執筆するライター・石井ゆかりさん。占いにまつわる書籍を多数出版しています。現在、「星栞 2022年の星占い」「星ダイアリー2022」(幻冬舎コミックス)を好評発売中の石井さん。12星座の1年を占う「星栞」シリーズは多くの人気を集めています。この日の放送では「2021年の振り返り」「2022年の星の動き」について伺いました。


「星栞 2022年の星占い」(幻冬舎コミックス)


◆2021年、占い的にはどんな年だった?

住吉:「星栞 2022年の星占い」(幻冬舎コミックス)を9月に出版されましたね。毎年のことですが、全星座分の本をお書きになっています。本当におつかれさまです!

石井:ありがとうございます。

住吉:まずは、今年の振り返りについて教えていただきたいと思います。2020年は、20年に一度の「グレートコンジャンクション(木星と土星が近づく現象を指し、西洋占星術では時代の節目を表す)」があったり、200年に一度の「風の時代(目に見えないものを知ることが求められる時代)」の変化がありました。今年を振り返ってみて、その変化を実感されましたか?

石井:そうですね。やはり、コロナ禍で世界中の空気が変わってしまったなと感じています。風の時代を象徴的に感じた時期だったなと思います。みんながいろいろなものに吹き飛ばされたイメージがあって、「時代が変わるってことは、こんなにも象徴的にやってくるんだな」と衝撃を受けました。みんなで換気をしたり、人と距離を取ったりっていうのは、全部“風”に関わる動きですよね。

住吉:知らない人は当然驚くと思いますけど、専門家でも驚くほどの変化だったんですね。

石井:占いというのは科学的な根拠があるものではないので。だから、のんきに「(今年は)風の時代だよ」って言っていたかったんです。だけど、これほどビビッドなことが起こってしまうと「関係ないですよ」と逆に言いたくなってしまう感覚はありましたね(笑)。

住吉:なるほど。私、昨年の「星栞」の巻頭で書かれていた「星を読むことが希望になり得る」って言葉が素敵だなと感じたんですね。「希望というキーワードで、うまく変化を取り入れると、暮らしが違って見える」っていうようなことをお書きになっていて、その通りだなと思いました。今年は、普段(このようなことを)気にしない方でも、「これから先の時代はどう変わっていくんだろう」と考えたり、調べたりした1年だったんだろうなと想像します。

◆2022年はどんな年になる? 星占いで予想!

住吉:「Blue Ocean」では毎年、石井さんに「来年どうなるか?」を予想していただいております。私の周りの知り合いも楽しみにしていますし、これを指針に年末の過ごし方を決めている友人もいます(笑)。2022年は、どのような1年になりそうでしょうか?

石井:来年は面白い1年になりそうです。前半と後半で雰囲気が違うんです。

住吉:へええ!

石井:前半はある意味”癒やしの時”と言いますか、「優しさ」がテーマになりそうです。互いの弱さを見つめ合って、ケアをし合うような時間になればな、と思っています。

木星が魚座に入っていくのですが、そこにはすでに海王星がいるんですね。木星と海王星が魚座で並ぶのはレアというか、私たちの生涯で一度きりです。海王星は公転周期が約165年なので、次に魚座で木星と海王星が重なるときは、当然、我々は生きていないわけです(笑)。星占いにおいて、木星と海王星は言わば「魚座の星」です。両方が王様のような星というか、喩えるなら、海王星は、魚座にとっての“社長”、木星は魚座にとっての“会長”のような感じです。

つまり、来年前半は魚座に王様たちが戻ってきて魚座が「本気を出す」ようなイメージの配置になるんです。実は秋にも少しリバイバルがあるんですが、そこも含めて「癒し」がテーマになる感じです。「自己犠牲」「ケア」「ヒーリング」「救済」などが注目されるかもしれません。今は多くの方がコロナ禍で傷ついたり、疲れたりしています。いろんな意味で「癒し」を必要としていると思うのです。2022年の前半は、「癒やし合う」時期になればいいなと願っています。

住吉:素敵な時期になりそう。後半はガラリと変わるということですが、何月頃からが後半ですか?

石井:だいだい境目になってくるのが5月~8月です。8月下旬以降は、かなりカッカしている状態になります。

住吉:カッカしている!?

石井:「勝負」「議論」「戦い」のような時期です。言いたいことを言い合って、自分の正しさのために、みんなで揉んでいくと言いますか。

住吉:へええ!

石井:コミュニケーションの星座である双子座に、戦いの星である火星が入ってきて居座るんです(笑)。なので、後半は「ガンガン言い合う」ような(感じになるかと思います)。

住吉:言いたいことを言い合える風通しの良さは、決して悪いことではないですよね?

石井:そうですね。私もいいことだと思います。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年11月16日(火)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時:毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/bo/
特設サイト: https://www.tfm.co.jp/bo/aky/

関連リンク

  • 11/10 11:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます