杉咲花“ユキコ”と杉野遥亮“森生”が初キス!?

拡大画像を見る

杉咲花が主演を務める水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)第6話が、11月10日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、勝ち気だが恋には臆病な盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)と、喧嘩っ早いが純粋なヤンキーの黒川森生(杉野遥亮)、ある日出会ってしまった運命の2人による笑って泣けて時々ハッとする、新世代ラブコメディ。

前回の第5話では、ユキコから告白されて喜ぶ森生のリアクションに、ネット上で「あったかい告白ありがとう」「愛しすぎる」と反響があがっていた。

第6話では、盲学校のマラソン大会の練習に励むユキコと森生。しかし同じく練習中の紫村空(田辺桃子)に犯罪の魔の手が……。力になろうとするユキコと森生だが、空は激しく拒否反応を示す。

<第6話あらすじ>
盲学校で開かれるマラソン大会に向け、黒川森生(杉野)は赤座ユキコ(杉咲)のマラソン練習に付き合うことに。「絆」こと伴走用のロープを握ってノリノリの森生の一方、運動嫌いですぐにサボろうとするユキコ。今まで知らなかったユキコのダメな一面を知り、ますます愛おしく思う森生は、キスのチャンスを伺うが……。

一方、金沢獅子王(鈴木伸之)と同じジムに通い始めた赤座イズミ(奈緒)も、獅子王を食事に誘おうとチャンスを狙うが、前途多難な予感。

そんな中、ユキコたちは、近くでマラソン練習をしているはずの紫村空(田辺)と合流するため公園へ。しかし、そこには伴走者なしで一人走る空の姿が。しかも空は、森生たちの目の前で放置自転車に激突して転んでしまう。慌てて助けに向かった森生とユキコに強がってみせる空だが、ユキコは空の声が震えていることが気にかかる。森生は、友達の異変を心配するユキコの力になりたいと考えて……。

翌日。学校帰りのユキコと空に声をかけた森生は、橙野茜(ファーストサマーウイカ)の喫茶店へ。付近のヤンキーたちに話を聞いた森生は、空が走る道にわざと障害物を置いて、練習を邪魔しようとした悪意ある人物がいるらしいことを突き止めていた。森生の行動に感謝するユキコだが、唯一の取り柄である“走ること”を諦めたくない空は、森生も「見えない」自分をバカにする「見える」人たちと一緒だと、頼ることを拒否し、突然態度を硬くしてしまう。さらに、空の鬱憤は仲裁に入ろうとしたユキコに向かっても爆発してしまう。

その日、空の言葉が刺さった森生は、自分とユキコたちの間には超えられない壁があるのではないか、と苛立つ。そして、親友と恋人、自分にとって大切な2人が分かり合えないことを悲しく思うユキコは、何か自分にできることがないかと考えるが……。

関連リンク

  • 11/10 11:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます