こがけん“時代来た”地元凱旋ロケを実現、ふるさと大使就任式では元カノ登場に「オーマイガー」の声

拡大画像を見る

吉岡里帆演じる“どんぎつね”と星野源のコンビが定番だった「どん兵衛」CMシリーズに前作は星野の姿がなかった。このほど新CMに登場したこがけんは東と西の“どんぎつね”から「どっちが好き」と迫られ「俺の時代」と悦に入る役どころを演じているが、「日清のどん兵衛」公式サイトによると撮影当日まで「ドッキリだと思っていた」そうだ。

福岡県久留米市出身で東京NSC7期生のこがけんは、コンビ解散を経てピン芸人になる。ハリウッド映画モノマネによる「オーマイガー」のギャグで注目を集めると『R-1ぐらんぷり2019』で決勝に進出。『R-1』決勝常連のおいでやす小田とユニット・おいでやすこがを組み『M-1グランプリ2020』でピン芸人同士によるユニットとして初めてのファイナリストになった。小田がバラエティ番組やワイドショーで活躍したりNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』に出演するなか、「どん兵衛」新CMへの出演はこがけんにとって大躍進と言えるだろう。

11月6日に放送された福岡ローカルの旅バラエティ番組『ちょっと福岡行ってきました!』(TVQ九州放送)にこがけんともう中学生(長野県出身)が出演したが、同番組で福岡出身タレントをゲストに迎えたのは初めてだという。しかもロケに向かう市町村をくじで決める際に、こがけんは地元の久留米市を引き当てて“持っている”ところを見せながらラッキー過ぎて「これ、やらせって思われないかな?」と心配そうだった。

8日には「くるめふるさと大使」に就任したこがけん。就任式はお笑いライブ形式で行われ「菅田将暉くんに久留米ラーメンを食べさせた男ですよ」とうそぶいて地元愛をアピールした。4月放送の『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくりゼミナンデス!日テレ春のコラボSP』でこがけんが「豚骨ラーメンといえば博多をイメージするが、そもそも久留米が発祥だから」と訴えた際に、俳優の菅田将暉たちが久留米ラーメンを試食したことがある。

就任式にサプライズで登場したマスク姿の女性から久留米絣のネクタイをプレゼントされたこがけんは、やっと気づいて「元カノ呼ぶのやめてもらえますか」と苦笑しながら中学生の頃に交際していたその女性に「マジで断らなきゃダメだよ。そっちもそっちで」と言い聞かせる一幕があった。就任式を紹介した地元の情報番組ではMCやアナウンサーが「まさか元カノが見れるなんて」、「一番のオーマイガーですよね」と和んでいた。

こがけんがTwitterで「久留米ふるさと大使になったぞーー」と久留米市のイメージキャラクター・くるっぱと並ぶツーショットを投稿すれば、フォロワーから「久留米オーマイガーも漫談も最高に面白かったです!! 近いうちに久留米に是非伺いたいと思います」、「機会があればケンミンSHOWにも出て下さい」などの反響があり、ふるさと大使としての活躍にも期待したい。

画像は『こがけん 2020年12月2日付Instagram「オーマイガーーーーーーー!!」』『こがけん(おいでやすこが) 2021年11月1日付Twitter「ねぇ、もしかして俺の時代来たの…!?」、2021年11月8日付Twitter「久留米ふるさと大使になったぞーー」』『【公式】ちょっと福岡行ってきました! 2021年11月5日付Instagram「明日11/6(土)よる8時放送です」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 11/10 10:30
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます