今夏電撃復帰も…C・ロナウド、来年夏にマンU退団の可能性が浮上

拡大画像を見る

 マンチェスター・Uに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、来年夏に退団する可能性があるようだ。9日、イギリス紙『エクスプレス』が伝えている。

 今夏ユヴェントスから2009年以来となるマンチェスター・U復帰を果たしたC・ロナウドは、ここまで公式戦12試合に出場し、9ゴール1アシストを記録するなど、活躍を見せている。

 しかし、マンチェスター・Uの成績は安定していない。初戦黒星スタートだったチャンピオンズリーグ(CL)では勝ち点で並んでいるものの首位に立っている一方で、プレミアリーグでは第11節終了時点で5勝2分け4敗とし、勝ち点「17」で6位。首位チェルシーとは早くも勝ち点差「9」離れ、4位リヴァプールとの勝ち点差も「5」となっていることから、このままでは来シーズンのCL出場権を逃すことになる。

 報道によると、C・ロナウドはヨーロッパリーグ(EL)などでプレーするためにマンチェスター・Uに復帰したわけではないことから、仮に来シーズンのCL出場権を獲得できなかった場合には来年夏の移籍市場でクラブに退団を要求する可能性があるようだ。

 C・ロナウドの契約期間は2023年6月30日までで、1年の延長オプションが付随しているようだが、復帰からわずか1年でマンチェスター・Uを離れることになるのだろうか。

関連リンク

  • 11/10 10:11
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます