ヒロインの母・西田尚美 朝ドラ受けで涙「見合いなんかさせたから…」【ネタバレ】

拡大画像を見る

 女優の西田尚美が10日、NHK「あさイチ」に出演。西田は直前の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で、ヒロイン・安子の母、小しずを演じており、この日の安子の行動に思わず涙した。

 この日の「カムカム-」では、安子(上白石萌音)に、見合い話が持ち込まれる。砂糖の会社の御曹司で、祖父・杵太郎(大和田伸也)は「政略結婚」とズバリ言い放つ。

 家庭の事情も理解しつつ、稔への思いも抑えきれない安子は、ある日岡山から、大阪の稔に会いに行く。安子は「配達があった」と嘘をつくが、稔は安子が来たことを喜び、かねてから約束していた映画を見たり、河原で話をしたり、楽しい時間を過ごし、安子は汽車で岡山へ戻る。

 だがこれで稔とお別れだと思った安子は汽車の中で泣いてしまう。すると目の前に稔が立っていて…という展開だった。

 あさイチの朝ドラ受けでは、華丸大吉、鈴木奈穂子アナは、稔も汽車に乗っていたことに驚き、この日のゲストの西田を紹介するも、西田は涙目。「もう、本当に見合いなんかさせたから、あんな…稔さんのところへ…」というと堪えられず、指で涙をぬぐった。

 大吉も「なかなかの移動距離。岡山と大阪では…」と安子の思い切った行動に、稔への思いの深さを感じた様子。西田は自身が演じる小しずについて「本当に優しいお母さんで。安子のことも、算太のことも…」と説明していた。

関連リンク

  • 11/10 9:52
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます