ライフの429円「ポン酢3兄弟」が料亭級にウマい…! おいしい使い分け

拡大画像を見る

 この季節、手放せない名品です。

 みなさんにはお気に入りの「スーパーマーケット」って、ありますか? 実は私、スーパーマーケットの専門家でもあり、国内外のスーパー3000店以上をリサーチし、テレビ東京『ソレダメ!』のスーパー特集にもちょくちょく登場させていただいています。

 そんな私が、一番勢いを感じて面白いと感じるスーパーは……、迷わず「ライフ」です!

 プライベートブランドだけでも4種(スターセレクト、スマイルライフ、ビオラル、プレミアムライフ)展開していて、価格、品質、オーガニック、便利さなど、お客のニーズによって楽しく選ぶことができるのが最大の魅力なんです。

 ライプのプライベートブランド商品(以下、PB)、心からオススメしたい商品はたくさんありますが、今回はその中でも、この季節に大活躍する3種類の「ポン酢」をご紹介します。

◆ライフプレミアムの“ポン酢三兄弟”。料亭級のおいしさに感動

 鍋の季節に欠かせない存在と言えば、「ぽん酢」ですよね。

 定番ブランドからご当地系こだわり品までありますが、その中でも“コスパも考えた逸品”として大感動したのが、ライフプレミアムの「贅沢なぽん酢シリーズ」です。

 種類は、あご入りダシが効いた「贅沢なだしぽん酢」、ゆずと鰹昆布ダシが際立つ「贅沢なぽん酢」、金ごまがたっぷり入った「贅沢なごまぽん酢」の3つ(いずれも税込429円)。実際に味わってみると3本ともにまったく違う味わいになっていて、全種揃えたくなるほど個性が際立っています。

◆超老舗のお酢専門店が製造。こだわりポイントは

 製造しているのは、兵庫県・神戸市にある創業370余年の超老舗お酢専門店「マルカン酢」。

 いずれも原料に徹底的にこだわりながら、価格をできる限りおさえているライフの企業努力が垣間見えます。塩からこだわっている点でも、他の高級品とも肩を並べるレベルといっても過言ではありません。

※こだわりの原料例
四国産ゆず果汁、徳島産すだち果汁、北海道産てんさい糖、国産藻塩、焼津産かつお節、北海道産真昆布

 それでは、実際に3種の味比べをしてみましょう。

◆一番スッキリ感が際立つのは、だしぽん酢

 食べる前のイメージでは、ぽん酢がもっともすっきりシンプルなのだと思い込んでいましたが、実際に食べ比べをしてみると「だしぽん酢」がもっともスッキリさっぱりしていました。

 あごだしのメリハリ感が効いているために後味も良く、気になるクセがありません。また、まろやかさがスッキリさを後押ししているようにも感じます。この万人受けしそうなテイストは、鍋料理以外に和え物やカルパッチョなどにも活躍しそうです。

 他方のぽん酢ですが、鰹独特の旨味やコクが強く感じられます。昔ながらの合わせだし(鰹+昆布)を好む人にはオススメですし、“だし感”をしっかり感じたいならこちらを選んでも良さそうです。また、ゆずやかぼすがしっかり使われているので、酸味もしっかり効いています。

◆濃密なごまぽん酢は豚しゃぶで大活躍

 ごまぽん酢は、他2本と比べてごまのまろやかさやクリーミーさが加わり、タレの濃密感が抜群。特に豚しゃぶでは期待以上の仕事をしてくれます。

 3本ともに共通してすばらしいのが、だしやごまの相性をふまえて、酸味が品よく調合されていること。たくさんかけても失敗感がありません。

 正直なところ、おいしいポン酢はこれまでにも出逢ってきました。しかしながらこの金額で感動級の商品は、本当にはじめて。今後は500~800円台のポン酢は買わなくなりそうです。

 なるべく安く、なるべくおいしく。そんなぽん酢を探している人は、ぜひ試してみてくださいね!

<文・写真/食文化研究家 スギアカツキ>

【スギアカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

関連リンク

  • 11/10 8:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます