「最高のスタートや」村上信五、なにわ男子のデビューにジェラシー⁉ 関ジャニ∞デビュー時はハッピ&長髪で「キモかった」

拡大画像を見る

 11月8日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に、なにわ男子のリーダー大橋和也(24)が出演した。番組後半、スタジオに登場した大橋は、関ジャニ∞の村上信五(39)とマツコ・デラックス(49)に、フリップの写真を使ってなにわ男子のメンバーそれぞれを紹介。

 デビュー前からドラマやバラエティですでに活躍しているメンバーもいるなにわ男子を見たマツコは、「村上さんはね、やっぱね、ジェラシー覚えてますよ」「始めからこんなに、関西で」「こんなきれいなスタート切らせてもらったグループないんじゃない?」とコメント。村上も「ほんまよ」とうなずき、マツコは「大変だったんだから、もう。ハッピ着させられてたんだよ」と、関ジャニのデビュー時について言及した。

 これまで関西ジャニーズJr.は、東京のジャニーズJr.に比べてデビューに恵まれていないといわれており、関ジャニもジャニーズWESTも全国区でのブレイクには時間がかかっている。

 今でこそ5大ドームツアーを行い、『NHK紅白歌合戦』の常連グループで、レギュラー番組も多い関ジャニだが、2004年のCDデビューは『浪速いろは節』という関西“丸出し”の演歌調の曲で、地元の関西限定発売。関ジャニ∞のメンバーたちは、上京するまで実家暮らしでそれぞれアルバイトをしていたが、グループ最年長の横山裕(40)は、中学卒業後家計を支えるため、建築会社に就職し、作業着のままレッスン場に通っていたという。

 2019年に関ジャニを脱退し、ジャニーズを退所した錦戸亮(37)は、かつてNEWSと関ジャニの両方に在籍していた時期があるが、NEWSのデビュー会見は東京新高輪プリンスホテル(現在のグランドプリンスホテル新高輪)の「飛天の間」で行われた一方、関ジャニのデビュー会見は当時所属していたレコード会社「テイチクエンタテインメント」の屋上で、メンバーはハッピを着てそれぞれの名前が書かれたのぼりを掲げて行われ、あまりの“格差”に驚いたという話もある。

■デビュー当時の村上はキモかった⁉

 今回番組では、そんな関ジャニデビュー当時の村上のVTRも紹介されたが、マツコは「ひどいねー」「キモかったでしょ」とコメント。スタジオの観客も垢抜けていない村上の姿にドン引きで、マツコは「もうちょっとキモいのあるんだけど。それを大橋くんに見せなさいよ!」「いかに自分たちがよくまとまっているのか」とスタッフにクレーム。

 番組では何度か紹介されている村上のデビューまもない長髪時代の宣材写真が紹介されると、マツコは「これこれ!」「すごいでしょ。井森さんのレオタードダンス並みの破壊力」と盛り上がり、大橋も「いや、これ。ジャニーズで出してんねやって思いました……」と遠慮がちに驚愕。村上は「そうやで」「あっこからスタートして、いろいろ試していろいろ試して今があるわけやけど」「そう思ったら、最高のスタートや」と、なにわ男子の恵まれた環境を羨んでいた。

最後に大橋はマツコに、今後活動していくにあたり、「どんな人が良くてどんな人が悪いっていうのを、こう聞いときたいなって」と人づきあいについて質問。マツコが「金の話してくるヤツは、たいがい悪いヤツだよ」と答えると、村上は「それ、ワシやないか。ほんなもん!」と間髪入れず返し、「そうよね。金の話といえば村上さんだもんね」と苦笑い。

 大橋が「そうなんすか……」と真顔で返すと、マツコと村上は「聞いといたわりにはリアクションしねぇな!」「喉越し悪いヤツやな!」とツッコんでいた。

 村上とマツコからバラエティの洗礼を受けた大橋に、視聴者からは「初心な大橋くんのままでいてください」「村上先輩のフォローが優しい」「村上くんマツコさん愛あるツッコミありがとう!」など、さまざまなコメントが上がっていた。

 関ジャニ∞大倉忠義(36)のプロデュースで、今月12日にいよいよCDデビューするなにわ男子。今週だけでもメンバーが多くのバラエティ番組に出演している。関西の先輩たちに見守られ、仕上がった状態でのスタートを切る彼らだが、ここからどんな活躍をしていくのか楽しみだ。

関連リンク

  • 11/10 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます