初デートにおける女性の本音9パターン

初デートは、2回目以降のデートにつなげる重要な役割があります。初デートで女の子が冷めてしまっては、当然ながら、「次回のデート」の約束はできないでしょう。しかも、デート中に冷めてしまっても、顔や態度に出さない女の子がいるため、気付かないうちに「恋愛対象外」のレッテルを貼られている可能性があります。そこで今回は、女の子の本音を学ぶべく「初デートにおける女性の本音9パターン」を紹介いたします。

【1】「鼻毛出てる!」
初デートで鼻毛が出ていた場合、本人より、一緒にいる女の子の方が被害者と言えるでしょう。女の子は注意したいのに、言いづらいもどかしさを感じながら過ごすことになります。

【2】「臭いよ!」
口臭、体臭には注意しましょう。女の子はデートに集中できないでしょう。

【3】「なんで上下ジャージなの!デートにふさわしい格好じゃないでしょ!」
一緒にいる女の子は、周りの人から「デートなのにジャージを着ている彼氏を連れているよ。」と、冷たい視線を受けることになります。

【4】「5分遅刻しただけで激怒する!?」
女の子の遅刻には寛容であってもいいでしょう。

【5】「初デートなのに眠いの!?体調を整えて来てよ!」
「眠い・・・。」という発言は、デートに対する期待の低さを伝えることになります。

【6】「初デートで、ラーメンなの!?」
ラーメン好きな女の子であれば問題ありませんが、なかには座ってゆっくりと食事ができる場所を好む女の子もいます。

【7】「10円単位のワリカン!?」
あまりに細かいワリカンは、「ケチ」だと思われる可能性があります。

【8】「ずっと無言!なんか話しなさいよ!」
デートで無言では、お互いの性格や考え方を理解できません。女の子に興味を持ち、質問を投げかけましょう。

【9】「話題が自慢話だけ!話の引き出し、少なすぎるんじゃない?」
自慢話ばかりでは、女の子はウンザリするでしょう。

初デートにおいて、他にはどんなことでに女の子は冷めるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/10 7:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます