強豪アルゼンチン戦へ…U24日本代表の主将・中山雄太「全力でプレーするだけ」

拡大画像を見る

 U-24日本代表MF中山雄太(ズヴォレ/オランダ)がオンラインで取材に応じた

 U-24日本代表は26日と29日に『SAISON CARD CUP2021』でU-24アルゼンチン代表と対戦する。

 対戦相手はメダル候補とも目される強豪アルゼンチン。対戦相手については「まず、南米ならではの球際の強さを感じたし、その中でしっかりフットボールをしてくる。バイタルに入るシーンでの速さや強さを感じた。タフな戦いになる印象を改めて持たされた」と印象を語り、そのための準備として「まずは相手のパワーに対して準備するのが大前提だと思います。攻撃で言えば高い位置からプレッシャーをかけてくるので、そこをしっかりとプレッシャーをうわまわるポジショニングする共通意識をもつこと。それでも難しい状況が続くのであれば長いボールを使うなどする。守備は、個の能力もそうだが、(相手は)フットボールという面でもしっかりプレーしてくるチーム。どこではめるか、はめられない時間をどうするかというコンセプトや共通意識を持つのが守備では大事だと思っている」とコメント。

「ピッチ内でのコミュニケーションが意識しているもの、結果に結びつくと思う」と語った中山は「チーム競技である中に、メンバーに入らないといけないという個人の野心を感じるし、僕も持っている。ただそこが大きくなりすぎると一人でプレーする感覚になってしまう。その野心を同じベクトルに向ける作業をキャプテンとして促していければなと思っている。同じベクトルに向けば、組織力としてもよりよく力強いものになる。その働きかけを僕だけではないが、僕自身発信してきている。まだ時間はあるので、向上させていければなと思っている」とチーム意識や雰囲気を明かした。

 今試合は観客を入れての開催となる。また、テレビ放送も決定している。同選手は見ている人に対して問われると、次のようにコメントし意気込んだ。

「僕ら自身こういった状況の中で活動させてもらえて、光栄ですし、感謝の気持ちが強まる一方で、本当に幸せだなと感じる。僕らに何ができるかというと、こういう状況を作ってくれた皆さんにしっかりとプレーで何かを感じていただけるようなプレーを見せることが一番。そこが前提にありつつ、苦しい状況にあると思うので、少しでも勇気や感動してもらえるようなものを届けられればなと思います。僕らとしては全力でプレーするだけです」

関連リンク

  • 3/25 15:42
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます