【共感あるある】懐かしい〜が止まらない!“学生の時に流行ったLINE”4つ

学生時代には、友達とたくさんLINEをして盛り上がることも多いですよね。
そんな学生時代の思い出を感じさせてくれるような「LINEあるある」には、共感せずにはいられないものです。

そこで今回は、学生のときに流行ったLINEをご紹介していきたいと思います♪

(1)変なスタンプで謎の会話をする



よくあるのは、変なスタンプをしてひたすら謎の会話のラリーを続けること。
仲のよいLINEグループなら、ひたすら何人も参加してスタンプのみの会話が続くことも。

後になって見返してみれば、謎しかない……なんてことも多いですよね。
昔よく使っていたネタ系スタンプを見て、学生時代のやりとりを思い出した人は多いのでは?

(2)略語だらけの会話



略語だらけのLINEの会話こそ、まさに学生感はあふれるLINEの会話ですよね。
「了解」が「りょ」になり、挙句の果てには「り」に……。

まるで暗号のような略語のLINEのやりとりで盛り上がれるのも、ある意味学生の特権のようなもの。
社会人になった今ではそんな言葉を使うことも少なくなり、なつかしさを感じている人も多いはず。

(3)カップル系スタンプでLINEでは常にラブラブ



学生時代には彼氏とひたすらカップル系スタンプでラブラブなやりとり……、という人も多かったかもしれません。

ラブラブ感たっぷりのスタンプを使って二人の世界に浸るのは、とても幸せなひとときですよね。
今思い出すと「若気の至りだな……」なんて少々恥ずかしく感じてしまう人も多いかもしれません。

(4)「かまちょ」LINEを送りがち



いわゆる「かまちょ」なLINEを頻繫に送っていた人も多いのではないでしょうか。
いきなり「かまって」と送ったり、「今何してる?」と聞いてみたり、ひたすら暇アピールしてみたり……。

社会人になると正直うっとうしく思われがちなLINEですが、学生のうちは意外とそんなやりとりは多かったりします。


学生感たっぷりのなつかしのLINEには、共感の嵐……!という人も多いはず。
たまにはそんな「あるある」にノスタルジーを感じつつ、LINEのやりとりを楽しんでいきたいですね!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/9 20:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます