冬だって常夏気分!「モンスーンカフェ」に台湾ラーメンなど冬季限定の4品が新登場


国内のエスニック料理ブームの火付け役とも言われる「モンスーンカフェ」に、11月8日(月)、冬季限定メニュー4品が登場した。

アジア各国の本格的な味が楽しめる


「モンスーンカフェ」は、“寛ぎのオリエンタル”と“都会の中の楽園”をテーマとした、内装が特徴的なエスニック料理レストラン。タイ、ベトナム、マレーシアなどのアジア各国の本格的な味の再現はもちろん、健康を意識した料理開発にもこだわりを持って取り組んでいる。代表的なメニューは、「ベトナム風生春巻き“ゴイクン”」「鶏肉のガパオ炒めご飯」「タイ海老トースト」など。今年11月現在で、都内近郊を中心に9店舗を展開中だ。

ごま油とニンニクの香りが食欲そそる台湾ラーメン


冬季限定メニューとして登場した「【モンスーンカフェ×浅草開化楼】台湾ラーメン」1,100円(税込)は、ごま油とニンニクの香りが食欲をそそる、モンスーンカフェ風の台湾ラーメン。鶏出汁&醤油ベースのスープに、赤唐辛子の辛味と豚ひき肉、ニラやネギなどの香味野菜の旨味が溶け出した旨辛のラーメンだ。ご飯を追加は+280円。

多くの有名ラーメン店に麺を提供する浅草開化楼が開発した、小麦の風味が豊かな、もちもちとした食感の中太麺「傾奇者(かぶきもの)ストレート」を採用している。

南国テイストのパフェやつくね、生春巻きも!


「モンブランパフェ」1,200円(税込)は、マロンクリームにココナッツアイスをあわせた、モンスーンカフェ風の南国テイストのパフェ。プリンやチョコレートブラウニー、生クリームが層になっている。


ほかにも、トムヤム風味の豚ミンチをレモングラスの茎に刺して蒸した「レモングラスのトムヤムつくね(2本)」950円(税込)と、


ピリッとワサビがきいたマヨネーズソースで食べる「カニとアボカドの生春巻き(1本)」580円(税込)がラインアップしている。いずれのメニューも12月下旬終了予定。気になったら早速お店へGo!

モンスーンカフェ 公式サイト:https://monsoon-cafe.jp/

画像をもっと見る

  • 11/9 17:21
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます