高杉真宙に“年下男子”を演じさせたら最強無敵? 『ハンオシ』で見せた愛嬌と色っぽさのギャップ

 TBS系火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』、通称『ハンオシ』に出演中のある俳優に黄色い声が集まっている。現在25歳のイケメン俳優・高杉真宙だ。

 火曜夜10時から放送中の『婚姻届に判を捺しただけですが』は、有生青春(ゆき・あおはる)による同名マンガを原作としたラブコメディ。仕事が楽しくて結婚には興味がないイマドキ女子・大加戸明葉(清野菜名)が、イケメンエリート広告マンの百瀬柊(坂口健太郎)に“偽装結婚”を申し込まれ、「借金を返済したら離婚」というルールのもと同居生活を始めるといったストーリーだ。

 そんな『ハンオシ』で高杉が演じているのは、百瀬家の愛猫・おもちが通う動物病院で看護師として働く牧原唯斗。マイペースだが人懐っこく、年上の明葉に対しても自然かつ大胆に距離を詰めていくあざと系の年下男子だ。平日は看護師として真面目に働いているが、休日はちょっとチャラそうなスケボー少年なのもまたギャップ萌え。金欠でお腹をすかせていた明葉を、初対面なのにもかかわらず、激安スーパーに案内するという親しみやすさも魅力のひとつだ。

 高杉真宙は「スカウトマンに女の子に間違われた」ことがきっかけで芸能界入りしたというだけあって、そのルックスは坂口に負けないほどの輝きを放っている。ネットでは「高杉真宙かっこよすぎん? ビジュアル良すぎてビビってる」「高杉真宙くんを観るためにこのドラマを観てると言っても過言ではない」「高杉真宙の年下男子は最強無敵」などと高杉の魅力の沼に落ちてゆく視聴者が続出。役どころも含めれば、坂口の人気を追い越しそうな勢いである。

 年下男子として視聴者をメロメロにする高杉の魅力、それは“愛嬌と色っぽさのギャップ”だ。子どものような笑顔で笑っているかと思えば、色っぽい大人びた表情でじっと見つめてきたり。明葉に「動物病院のチラシを作ってほしい」と可愛くお願いする姿に年下っぽさを感じているのも束の間、道端で突然ハグするという大胆な一面を見せてきたり。明葉も視聴者も、危うさすら感じるそのギャップにぐらぐらと揺さぶられている。

 そんな高杉演じる唯斗は、『ハンオシ』ではおそらく当て馬ポジションだ。あんなイケメン年下男子が当て馬だなんて、明葉は前世でどれだけの徳を積んだのだろうか。11月9日の今夜放送される第4話では、明葉に好意を抱く唯斗が百瀬に対してマウントをとる姿が見られそうだ。最強無敵な年下男子・唯斗から目が離せない。

■番組情報
火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』
TBS系毎週火曜22時00分~
出演:清野菜名、坂口健太郎、倉科カナ、高杉真宙、前野朋哉、中川翔子、笠原秀幸、小林涼子、森永悠希、長見玲亜、深川麻衣、岡田圭右、木野花、田辺誠一 ほか
原作:有⽣⻘春「婚姻届に判を捺しただけですが」(祥伝社「フィール・ヤング」連載中)
脚本:田辺茂範、おかざきさとこ
音楽:末廣健一郎、MAYUKO
プロデューサー:松本明子、那須田淳
主題歌:あいみょん「ハート」(unBORDE/Warner Music Japan)
演出:金子文紀、竹村謙太郎 ほか
編成:宮﨑真佐子
製作:TBSスパークル、TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/hannoshi_tbs/

  • 11/9 19:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます