「ハンオシ」百瀬(坂口健太郎)「そのうるさい口、黙らせてみましょうか?」キス寸前展開に興奮の嵐「豹変した」

【モデルプレス=2021/11/09】女優の清野菜名がヒロインを演じ、俳優の坂口健太郎が相手役を務めるTBS系ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(毎週火曜よる10時~)の第4話が、9日に放送された。坂口のセリフが話題を呼んでいる。<※ネタバレあり>

本作は、「フィール・ヤング」(祥伝社)にて連載中の有生青春による同名漫画が原作。偽装結婚がテーマとした“不意キュン”必至のラブコメディとなっている。結婚願望ゼロのイマドキ女子・大加戸明葉を清野、堅物変人イケメン・百瀬柊を坂口が演じる。

第3話で明葉は、百瀬が兄嫁である美晴(倉科カナ)に片想いしていることを知りつつも、百瀬への恋愛感情を自覚。思わずハグしてしまうのだった。

◆百瀬「そのうるさい口、黙らせてみましょうか?」

明葉は酔っぱらった勢いで、百瀬に「美晴さんのこと中学の時から好きなんでしょ?ってことは、付き合ったりそういう経験とか…」と尋ねる。

表情が曇る百瀬を見てその先は思いとどまる明葉だったが、百瀬は「そんなこと、恋愛感情がなくてもできますよ」と明葉をソファに追い詰める。そして近距離で「試しにそのうるさい口、黙らせてみましょうか?」と言い放った。

キス寸前まで顔を近付けられたところで、「もう(笑)!からかわないでくださいよ!」と冗談交じりにやり過ごした明葉。

この展開には視聴者も興奮の嵐。「パワーワードすぎる」「ついに百瀬が豹変した!!」「お願いだから私の口も黙らせて…」「急に男らしいところ見せてきた」などの反響が寄せられていた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/9 23:11
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます