『ホーム・アローン』新作予告 前作を彷彿とさせる泥棒退治がさく裂

拡大画像を見る

 クリスマスの定番映画『ホーム・アローン』(1990)から生まれたオリジナル映画『ホーム・スイート・ホーム・アローン』が、ディズニープラスにて11月12日より配信される。新たな主人公が華麗な泥棒撃退法を披露する予告編が公開された。

 今もなお世界中から愛されている映画『ホーム・アローン』は、家族が休暇でパリに出かける中、一人だけ家に残された息子ケビン(マコーレ・カルキン)が、家を狙う泥棒2人組と格闘する様子を描いたコメディ。ケビンの華麗なる泥棒撃退法が当時大きな話題となり、クリスマスに観るファミリー映画の定番となった。

 新作『ホーム・スイート・ホーム・アローン』は、『ホーム・アローン』のコメディ色はそのままに、全く新しいキャラクターと物語で届けるディズニープラスのオリジナル作品。主人公は、いたずら好きで頭の回転が早い少年マックス。家族が休暇で日本に向かうも、マックス一人だけ家に置き去りにされてしまう。そんな中、家にある貴重なお宝を狙う泥棒夫婦がやって来て…。

 主人公マックス・マーサーに抜てきされたのは、『ジョジョ・ラビット』のヨーキー役で一躍注目を集めた子役アーチー・イェーツ。そのほか、『アンブレイカブル・キミー・シュミット』のエリー・ケンパー、『デッドプール2』のロブ・ディレイが出演。さらに、『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』で主人公ケビンの兄バズ役を演じたデヴィン・ラトレイが警察官として登場する。監督を務めるのは、『ダーティ・グランパ』のダン・メイザー。脚本は『サタデー・ナイト・ライブ』で知られるマイキー・デイとストリーター・サイデルが共同執筆した。

 予告編は、主人公マックスが天才的な発想によるトラップの数々で泥棒たちを撃退していく、前作を彷彿とさせるスカッとするシーンが満載。お決まりの手違いで置いてけぼりにされたマックスだが、心細い様子はなくひとりぼっちで過ごせる休日を大満喫。机いっぱいに広げたお菓子を好きなだけ食べたり、バランスボールに乗ってトランポリンしたりと、母親の心配もつゆ知らず、家族が一緒の時は出来なかった願望をかなえる。

 そんな中、マーサー家に忍び寄る男女の泥棒コンビ。「そうはさせないから。ここは僕のうちだ。僕が守りぬく!」と臨戦態勢に入ったマックスは、華麗な手口で泥棒たちを次々と翻弄していく。果たしてマックスは無事泥棒たちを追い返し、自分の“スイート・ホーム”を守り抜くことは出来るのか。オリジナル版『ホーム・アローン』を手掛けたジョン・ヒューズのハートウォーミングなストーリーをもとに、さらスケールアップした新作の世界観に期待が高まる。

 ディズニープラス オリジナル映画『ホーム・スイート・ホーム・アローン』はディズニープラスにて11月12日より独占配信。

関連リンク

  • 11/9 20:35
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます