宇宙飛行士、星出彰彦が地球に帰還 滞在中のTwitterが面白い!

拡大画像を見る

船長として、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在していた、宇宙飛行士の星出彰彦さんが、およそ半年ぶりに、地球に帰還しました。

星出さんは、日本時間2021年11月9日未明、地球への帰還に向けてISSを出発し、同日12時半過ぎ、アメリカ・フロリダ州の沖合に着水。

その後、回収船に引き揚げられた宇宙船の扉が開き、笑顔で手を振る星出さんの姿が見られました。

今後は、地球の重力に慣れるためのリハビリに入るとのことです。

星出さんは、ISSに滞在中、「無重力空間で物体を回転させる」という実験動画を、Twitterにて公開し、多くの人の注目を集めていました。

特に話題となったのは、こちらの『逆立ちゴマ』の動画。

逆立ちゴマは、その名の通り、回すと逆さまに立つコマのことです。

このコマを強く回すと、すぐに軸はぶれ始め、やがて動画のように逆立ち状態になります。

それでは、逆立ちゴマを宇宙で回すとどうなるのでしょうか。

星出さんによる、実演動画がこちらです!

宇宙空間では、軸がぶれずに回り続けたため、逆立ち状態にはなりませんでした。

コマが逆立ちするために必要な、『重力』と『地面との摩擦』が、宇宙にはないためとのことです。

【ネットの声】

・なんと興味深い!

・何かにぶつからないと、ずっと回り続けるのかな?

・答え合わせ、楽しみにしていました!面白かったです!

素朴な疑問も、宇宙空間で行うというだけで、何倍も面白く感じますね。

星出さんは、このような実験動画をほかにもTwitterで公開しているので、 気になった人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

星出さん、ISSへの長期滞在、お疲れさまでした!

[文・構成/grape編集部]

出典 @Aki_Hoshide産経ニュース

関連リンク

  • 11/9 20:40
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます