藤井聡太三冠 羽生善治九段に勝利 王将挑戦近づく無傷4連勝

拡大画像を見る

 将棋の藤井聡太三冠(19=王位・叡王・棋聖)が9日、東京・将棋会館で指された第71期王将戦挑戦者決定リーグで、羽生善治九段(51)に106手で勝利した。7棋士参加のリーグで唯一の無傷4連勝で、3勝で並んでいた羽生九段を下し、渡辺明王将(37=名人・棋王の三冠)の挑戦へ近づいた。

 昨年の王将リーグ初戦では、羽生九段に初めて敗北。1年ぶりの天才同士の対局は、藤井三冠が圧巻の寄せで勝利。矢倉戦となったが「受け一方になって自信のない展開だった」と苦しい局面を乗り越えてつかんだ。残り2戦に向け「挑戦を意識せずに次の対局に臨めれば」と意気込んだ。

 羽生九段は挑戦が遠のく2敗目。「次も全力を尽くしたいと思います」と前を向いた。

関連リンク

  • 11/9 20:30
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます