デーツを探したら意外な企業にたどり着いた!おいしい食べ方も聞きました

拡大画像を見る

シティリビング編集部のみちぇるです。コロナ前に旅行でドバイに行ったら、デーツのスイーツがたくさん売っていました。ショッピングモールではデーツの専門店があって、間にナッツなどが入ったものなどバリエーションもいろいろ。栄養面でもばっちりのこのデーツを、久々に食べたいなと思ってネットで探していたら、見たことのあるロゴがついた商品を見つけました。

たっぷりの食物繊維、カリウム、ミネラルを含むデーツ


ドバイであれだけ売っているのに、日本ではまだ美容感度が高い人が食べるものという印象があるデーツ(私の思い込み?)。食物繊維がたっぷり含まれ、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富。しかも甘みがあっておいしいというありがたいデーツ。質のいいものを日本で食べたいとネットで探してみたら、意外な企業のデーツがヒットしました。
右上のロゴに気づきますか? こちらです。
あなたはおたふくさん…そう!オタフクソースが「デーツ<なつめやしの実>」を出しているのです。

オタフクソースは1975年からお好みソースにデーツを使っていた!


オタフクソースがなぜデーツを? 新規事業?と思いましたが、なんと1975年から、お好みソースのコク深い甘みを出す原材料としてデーツを使い始めたそう。
さらに、その持つ栄養価にも着目し、40年以上にわたりお好みソースの原料として使い続け、今ではソースだけでなく、酢の原料としても使用。そして実のままでその良さを味わってもらうようにと、昨年2020年からデーツも販売しています。

オタフクソースにデーツ部があると聞いてまたビックリ! デーツへの気持ちを河村さんに聞きました。

「デーツ部という部署があります。現地で厳選したサウジアラビア産のマジョール種を冷蔵輸送し、国内で検品・包装しています。デーツは自然の恵みをそのままいただく栄養スイーツ。何も加えず樹上で乾燥させたデーツは、コク深い自然の甘味が特徴です。
数あるデーツの品種の中でも、マジョールは果肉が厚く、贈答用にも使われるプレミアムなデーツ。大粒なので満足感も得られ、ギルトフリーで心も体も満たしてくれる私のミカタフルーツです♪ 古代から愛されてきた果実だけあって、毎日食べても飽きないデーツの魅力を広めていきたいです」

やっぱりデーツ愛が強かった! 河村さんは日ごろどんなふうにデーツを食べているのですか?

「ホッと一息つきたいときのおやつだけでなく、朝食やおつまみにもデーツを取り入れています。
そのままの自然な甘さを楽しむのはもちろん、アレンジしてナッツやチーズを挟んで食べたり、刻んでヨーグルトに入れたりと、気分に合わせて食べ方を工夫できるのもデーツの良いところです。
コーヒーとの相性も良く、デーツと合うコーヒーまで探求しています。
私のイチオシは、朝食にクルミを挟んだデーツをいただくことです。忙しい朝でも手軽に食べられるのでおすすめです」

この話を聞いて、自分でも早速デーツをヨーグルトに入れて食べてみました。大粒です! 2つに切って中の種とヘタを取り除いて刻み、ヨーグルトに入れて混ぜるだけ。今回はキウイも入れていただきました。
甘みがあってヨーグルトに合う! おいしいし食べ応えが出るので朝食にもピッタリです。ドライフルーツなので保存できるから買いだめしておいて、これから朝食に食べたいと思います。

オタフクソース「デーツ<なつめやしの実>」
https://www.otafuku.co.jp/product/sp/dates/

関連リンク

  • 11/9 19:30
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます