“夜の女王”決めるミスコンイベント開催!スナック部門は三重県愛宕町の名物ママが受賞

拡大画像を見る

 11月8日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦境に立たされてきた水商売業界の活性化を目指し、一般社団法人・日本水商売協会が“夜の女王”を決定するミスコンイベント「第1回 NIGHT QUEENグランプリ」を開催。各部門のグランプリが決定した。

 同イベントは、全国のクラブ、キャバクラ、ガールズバー、ラウンジ、スナック、ショーパブといった水商売に従事するキャストやママ100人の中からナンバーワンを決定するというもの。北は仙台の国分町、南は福岡の中洲と幅広い地域から出場したファイナリスト30名が、ウォーキング審査や仕事への熱意を語るスピーチを披露。

『女帝』『嬢王』『夜王』で知られる漫画原作者の倉科遼氏やタレントの玉袋筋太郎らによる審査員投票とオンライン投票の合計ポイントによりグランプリが決定した。

 カサブランカ部門(クラブ)でグランプリに輝いたのは、テレビやYouTubeチャンネルなどでも人気の唐沢菜々江ママがプロデュースする銀座の会員制高級クラブ「club Nanae」に在籍する関口亜耶さん。22歳でシングルマザーになって以来、女手一つで小学生の息子を育てているという関口さん。スピーチでは「息子にかっこいい姿を見せたくて大会にエントリーした。原動力は今日の会場にも来てくれている息子の存在です」と語り、見事グランプリに輝く姿を見せた。

 ローズ部門レジェンドクラス(キャバクラ・ラウンジ・ガールズバーに10年以上勤務)では福岡市・中洲の「BAR high scene」に在籍する市川あず沙さんがグランプリを受賞。市川さんは今年8月に新型コロナに感染し、髪の毛が抜けてしまう後遺症にも悩まれたという。抜けていく髪の毛を見てショックを受けたというが、スピーチでは「ありのままの私を見てほしいという考えに変わった。今私にできることは夜から日本を明るくすることだと思っています」と笑顔を見せた。

■三重県の老舗スナックママがグランプリを受賞

 個性的なママたちが出そろったガーベラ部門レジェンドクラス(スナック・ショーパブで10年以上勤務)でグランプリに輝いたのは三重県松坂市愛宕町にある「SNACK スパーク」の結稀ママ。25年前に愛宕町でオープンした老舗スナックの同店。コロナの影響で毎日暗い話題が続いていたが、そんなときに今大会の話を聞き即エントリー。スピーチでは「大会を通して日々成長する自分を見るのがうれしくて、参加してよかったと本当に思います。50歳になった今の夢は愛宕町から毎年ナイトクイーングランプリに挑戦者を送り出すことです」と大会への思いを語り、会場から拍手を集めた。

 大会を終えて、審査委員長を務めたタレントの玉袋筋太郎は「これだけのすばらしいお姉さんたちを知れたので、また飲みに行きたい店が増えてしまいました。自分の実家もスナックをやっていて、一生懸命水商売で働いて育ててくれたからこそ今の私があります。今日出演されたみなさんからもそれぞれのそういった背景やストーリーを感じ、大変感動いたしました。水商売万歳!」と大会の感想を語った。

 コロナ禍で通常営業ができなくなり、苦しい思いをしてきた水商売業界。大会をきっかけに全国各地で再び夜の街を明るく照らしてほしい。

関連リンク

  • 11/9 20:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます