坂口健太郎・清野菜名『ハンオシ』を支えるNHK『おかえりモネ』菅波ロス!「キュン不足ラブコメ失格」も視聴率堅調のワケ

拡大画像を見る

 清野菜名(27)主演のドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)の第3話が11月2日に放送され、世帯平均視聴率が9.9%(ビデオリサーチの調べ/関東地区)と、2ケタ台直前の数字を前回からキープした。

 同ドラマは雑誌『FEEL YOUNG』で連載中の有生青春氏による同名コミック(通称“ハンオシ”)が原作。独身生活を謳歌しているデザイナー・大加戸明葉(清野菜名)が、出会ったばかりの広告代理店勤務の堅物イケメン・百瀬柊(坂口健太郎/30)に偽装結婚を求められるラブコメディー。

 第3話は、柊の好きな人が兄・旭(前野朋哉/35)の嫁、美晴(倉科カナ/33)であることを知り、明葉は胸のあたりがなぜかモヤモヤ。そんな中、2人は柊の中学の同級生たちが開いてくれる結婚祝いへと出かけたのだが、明葉のお節介が柊の勘に触り、心のシャッターを降ろされてしまう。

 気まずい空気が流れる一方で、明葉に大きなコンペを任されるが、説明会の当日、予期せぬハプニングが発生する。これを柊の手助けで切り抜けたことで、お互いが歩み寄り、自宅でお疲れビールで乾杯。話すうちに、それぞれの勘違いによる誤解もとけていった。

 すると、柊は「美晴のこと、気になりますよね」と、自ら心のシャッターを開いたように口火を切る。中学時代、美晴が弁当を買いに来るようになって、そのうち、柊の家族と一緒の食事をするように。美晴が学校での柊の様子を話してくれたおかげで、家族との会話が増えたと振り返った。

■ラストシーンでようやくキュン

 さらに、クラスで浮いた存在だった柊は、美晴と親しくなったことで友だちもでき、今回の結婚祝いを開いてもらえたのも、美晴のおかげだと説明。「美晴が僕の世界を広げてくれたんです」と語ると、明葉は「この人、なんてピュアなんだろう」と、柊を見る目が変わっていく。

 そして、柊は「ただ、気づいたら美晴と兄貴は結婚してて、僕はいつの間にか義理の弟になってて。でもそれで、美晴が幸せなら僕はいいんです。僕の美晴への思いも変わることはありません」と、かなわぬ恋の経緯と、それへの思いを明かした。

 柊の一途な想いと苦しみを知った明葉は、「今だけハグしてもいいですか?」と語りかけ、柊の体を引き寄せる。突然のハグに柊は「これが友情のハグですか?」ととまどうが、明葉は「これは友情? 違う、恋のフラグは立ってしまった! 友情のハグはできない、したくない!」と心で叫びながら、柊を抱きしめた。

 エンドロールが流れる中、ラスト1分でようやく“ふいキュン”が見られたが、今回は2人のすれ違いと、夫婦とは何かを考えさせるようなエピソード中心で、ラブコメ要素もキュン度も物足りない内容だった。それでも視聴率が踏みとどまっている理由の1つは、菅波ロスのおかげのようだ。

 菅波とは、最終回を迎えたばかりのNHKの朝ドラ『おかえりモネ』で、坂口が演じていた菅波先生のこと。視聴者はツイッター上で「不意キュンじゃなくて 不意スガなんだよなぁ…“えっ?”とかちょっとしたセリフに菅波風味を感じる」などと、柊の言動に菅波を彷彿とさせ、菅波ロスを癒やしている。

■菅波っぽさに不満の声も

 その一方で、「百瀬がもう菅波でしかなくて、ボソボソしゃべりも菅波とまったく同じでモヤモヤする。似たような役柄だからって同じ話し方じゃなくて良くね?」などと、菅波とのキャラかぶりが気になって、物語に入り込めないという声もあった。

 次回の予告動画によると、明葉は柊と日帰りの温泉旅行に向かうのだが、そこには美晴と旭の姿も。明葉と旭、柊と美晴が、それぞれ2人きりで会話するシーンが見られることから、兄夫婦の知られざる事情が明らかになり、本格的に物語が動き出しそうだ。

 そして、美晴の胸中が明かされることで、柊のピュアな想いが揺らいでしまい、視聴者が求めていた菅波の影も薄くなってしまうかもしれない。“ふいキュン”なラブコメ要素が足りないうえ、菅波ロスも補完できないとなると、今後の視聴率の行方が心配になってくる。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 11/9 19:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます