【地方競馬】今年のJBCクラシックを制した金沢・吉原寛人騎手が地方通算2600勝を達成

拡大画像を見る

 9日、金沢競馬第6Rで行われたストック特別(ダ1500m・8頭)は、道中3番手を追走した吉原寛人騎手騎乗の1番人気マイネルリリーフ(牡3、金沢・松野勝己厩舎)が最後の直線で後続を突き放し、2着の2番人気ミーティア(牝3、金沢・金田一昌厩舎)に2馬身半差をつけて優勝。勝ちタイムは1分36秒7(不良)。

 この勝利でマイネルリリーフ鞍上の吉原寛人騎手は、地方競馬通算2600勝をマーク。14184戦目での達成となった。

 吉原騎手は先日、金沢競馬場で行われた今年のJBCで、ミューチャリーを地方所属馬として初のJBCクラシック制覇に導いたばかり。2001年4月にトゥインクルサマーで初勝利をマークして以降、着実に勝ち星を積み重ね、今年も北國王冠やサラブレッド大賞典、百万石賞など金沢のローカル重賞で数多く勝利している。

(石川県競馬事務局のリリースより)

関連リンク

  • 11/9 18:03
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます