ラルクが “全然盛り上がらなかった”30年前ライブの仰天エピソード

拡大画像を見る

 千原ジュニアが11月3日深夜放送の「にけつッ!!」(読売テレビ)に出演。NSC同期の芸人である「チャンス大城」のあるエピソードを明かした。

 30年ほど前、ハードコアなロックが好きなチャンスは、大阪の小さなライブハウスに行ったとか。そこでは5組ほどのバンドが出演し、もともとチャンスは4、5番目の2バンドがお目当てだったそうだ。

 そんな中、登場したバンドの1、2組目まではハードコア系だったが、「3番バンド目がメロディアスすぎて、ちゃんとしすぎてて全然盛り上がらへんかった。場違いもはなはだしいわって客も全然乗らへんし、なんやったらちょっとブーイング出るぐらいの。でもチャンスは、『ええな、これはこれで』って思ってたって」とジュニアが説明した。

 ライブ終了後、チャンスがライブハウスの裏口に行くと、4、5番目のバンドがハイエースに機材を積んでおり、周りには人だかりが。そこから離れた所では、盛り上がらなかった3番目のバンドが、やはりハイエースに機材を積んでいたという。

 チャンスには、彼らが心を折られ今日にも解散するかに見えたそうで、近寄っていき、「良かったよ。絶対やめるなよ。そのままいけよ。絶対売れるから!」と励ましの声をかけたとか。実はそのバンドが、ラルク・アン・シエルだったそうだ。

 ジュニアは「誰が言うてんねん!」と笑っていたが、当時は意外に励ましになっていたのかもしれない。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 11/9 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます