無免許・木下都議「続けて欲しいの声ある」にネット懐疑的「誰?」「本当に?」

拡大画像を見る

 7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転で人身事故を起こしたにも関わらず、公表せずに再選した木下富美子都議(55)が9日、再選後初めて登庁した。報道陣の前でこれまで議会に出席できなかった理由などを語ったが、議員辞職については「議員を続けて欲しいとの声も頂いて参っている」と説明。ネットでは「続けて欲しいと言っているのは誰?」など、厳しい声が上がっている。

 木下議員は議長室でこれまでの事情を説明し、その後、報道陣の前でも体調不良で議会に出席できなかったことや、今後の身の振り方などについて語った。

 都議会は7月と9月の2度にわたって辞職勧告を決議しているが「ぜひ続けてほしいという声があることも事実です」と議員辞職は完全否定。自身のHPでも、これまでの4年間の働きを受け「『議員を続けて欲しい。これまで通り力を貸して欲しい。』との声も頂いて参っております」と、辞めないで欲しいという声があったことを主張している。

 議会も世論も、議員辞職すべきの声が圧倒的だが、一部の「辞めないで」コールに答えるとも取れる発言にネットもシビア。「この議員さんを擁護してる声って一切聞こえてこないな」「続けて欲しいと言ってるやつを呼んでこい!」「続けて欲しいと言う人がいるだと?誰だよ!」「当て逃げするような人に議員を続けて欲しいって人がいるとは、到底思えないけど」「幻聴?」など、厳しい声が相次いでいる。

関連リンク

  • 11/9 16:29
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます