なにわ男子・長尾謙杜、映画初主演 『HOMESTAY』共演に山田杏奈、八木莉可子

 なにわ男子の長尾謙杜が主演を務め、女優の山田杏奈と八木莉可子が共演するAmazon Original映画『HOMESTAY(ホームステイ)』が、2022年2月11日よりAmazon Prime Videoにて世界同時配信されることが決まった。長尾は映画初主演。

 森絵都の原作『カラフル』を映画化する本作は、高校生の体に乗り移った魂が、家族との葛藤や淡い恋を通し、人との絆や生きる意義を見いだす青春映画。Amazonが製作する初の日本映画となる。

 主人公シロは、「管理人」を自称する謎の人物に、突然、死んだ魂として、同じく死んでしまった高校生・小林真の体を借りてホームステイ生活を送ることを告げられる。同時に、管理人から真が死んだ原因を100日以内に見つけられなければ、または真の家族や友人に中身がシロだとバレてしまったら、本当の死が訪れると宣告される。シロは状況が分からずに混乱しながらも、周囲の人たちに正体がバレないように真としての日常生活を送ることに。真の家族はもとより、優しい幼なじみの晶や、真がひそかに憧れていた先輩・美月などと関わる中で、シロは徐々に真の死の真相に近づいていく。

 主人公シロ役を長尾が務め、自身の記憶をなくし、他人の家族や友人らと関わりながら別人格・真の人生を歩み、そして成長していくという難しい役どころに挑戦している。そして真の幼なじみ・晶役を山田、真がひそかに憧れていた高校の先輩・美月役を八木が演じる。

 主演の長尾は「初の主演作品ということで、不安や緊張と楽しみが混ざっています。世界配信というのは、実感が湧いていないですが、世界の皆さんに知ってもらえるチャンスですし、『HOMESTAY(ホームステイ)』が良い作品だなと世界の方に感じていただけるように頑張っていきたいと思います」と意気込みをコメント。

 山田は「私が中学生の時、原作を国語の先生に薦められました。生きる上で大事にしたいなと思うことに気づかせてくれる作品だと思います」、八木は「作品の見どころは共感性の高さにあると思います。いわゆるハッピーエンドのお話ではなくて、社会の矛盾や色んな人の想いが交差する世の中を嘘なく描いている作品なので、すごく共感する部分が多いと思います」と語っている。
 
 メガホンをとるのは、新進気鋭の女性監督・瀬田なつき。「自分自身も、この作品を通して、主人公のシロのように、新たな発見や挑戦の多い、忘れられない旅を体験できた気がします。そして、この旅が、世界中のいろいろな場所で見てもらえることが嬉しく、ドキドキしています」とコメントを寄せた。

 本作の特別ビジュアルも解禁。主人公のシロと幼なじみ・晶、憧れの先輩・美月が初々しい制服姿で並んでいる。

 Amazon Original映画『HOMESTAY』は、Amazon Prime Videoにて2022年2月11日より世界同時配信。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/9 14:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます