鈴木紗理奈 木下都議に辞職勧める「体調治すのに専念して」

拡大画像を見る

 タレントの鈴木紗理奈が9日、TBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」に出演し、木下富美子都議に辞職を勧めた。

 木下都議は、7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転で人身事故を起こし、公表せずに再選された。しかし、再選直後に事故が明らかになってからは議会を欠席。呼び出しにも応じず、都議会は7月と9月の2度にわたって辞職勧告を決議している。

 この日、木下氏は再選後初めて登庁した。報道陣の取材に答え、あらためて辞職は否定し、議会に出席しなかったのは体調不良のためだと説明した。

 これに紗理奈は「体調が悪いなら、体調を治すのに専念していただいて。議員辞職されて、ご自分の体調がよくなることを」と“辞職勧告”。「この状態で続けるのもあんまりいいことじゃないような気がします」と針のむしろ状態で都議を続けることへの重圧を気遣った。

 ますだおかだの岡田圭右は、欠席している間にも議員報酬などが支払われる(木下氏は寄付するなどとしている)ことに「毎回イライラしてる」と不満げ。「ほかのがんばってる都議の方に、本当に失礼ですし、『こんな人でも都議になれるんか』と思われる」と悪影響を指摘した。

関連リンク

  • 11/9 15:52
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます