道端アンジェリカ近く離婚成立 夫とは全く連絡つかず 親権は道端に

拡大画像を見る

 モデルの道端アンジェリカ(35)の離婚が成立することが9日、明らかになった。

 関係者によると、道端は昨年初めに離婚を決意。同3月から弁護士を通じて離婚を協議し、調停を経て訴訟に。先月25日に道端が原告となった離婚訴訟の判決公判が、東京家裁で開かれ離婚が認められた。夫とは協議中も全く連絡がつかない状況だったという。

 8日に判決確定を受けてから控訴期間である2週間が経過。関係者は「裁判所から通知がいっても何も音沙汰がない状況です」と夫側が控訴しなかったことを明かし、近日中に離婚が成立するという。また、3歳の長男と1歳の次男の親権は道端が持ち、慰謝料や養育費は請求していない。

 17年に結婚。19年10月、夫と共謀して現金35万円を脅し取ったとして恐喝容疑で警視庁から書類送検されたが、嫌疑不十分で不起訴となった。

関連リンク

  • 11/9 15:56
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます