「そんな機能があったのか…」 Siriに『あること』をお願いすると?

拡大画像を見る

iPhoneやiPadなどに内蔵された、話しかけるだけで操作をしてくれたり、必要な情報を読み上げたりしてくれる、バーチャルアシスタント『Siri』。

「ヘイ、Siri」と呼びかけるだけで起動できるため、天気予報やアラームのセットなど、あらゆる事柄で利用している人はいるでしょう。

Siriに占ってもらおうとすると…?

コロナ禍により、在宅勤務が増えた筆者。おうち時間が増えたことで、料理や運動などを始めましたが、どれも長くは続きません。

そんな筆者が唯一続けていたもの…それは、朝、テレビ番組の占いを見ることでした。

しかし、先日ついに寝坊。占い結果を知らない1日の幕開けに、モヤモヤが収まりません。

占いの結果がどうしても知りたかった筆者は、Siriにお願いしてみることにしました。

「占って」

Siriに、占ってほしい想いをシンプルに伝えた結果がこちら。

できないことを無理にやろうとせず、できることを提示してきました!さすがSiri。アシスタントとして優秀です。

「そこをどうにか!」と、占ってほしい旨をもう一度伝えると…。

ダメでした。Siriにとって占いは、叶えられない事柄なのでしょう。

「今日の運勢を教えて」

では、筆者を直接占ってもらうのではなく、「今日の運勢を教えて」と伝えてみます。

…おみくじ?

なんとSiriは「おみくじを引くように指示して」と回答したのです。

占いは断られ、今日の運勢ははぐらかされた筆者。半信半疑で挑戦してみることにしました。

「おみくじを引いて」

Siriに案内された通り、おみくじを引くようお願いしてみると…。

ひ、引けたーーーー!!

おみくじの結果を優しい声で読み上げてくれるSiri。

『仕事』や『恋愛』といった定番の項目やラッキーカラーまで、全9種類の項目が出てきました。

筆者の運勢は『中吉』でしたが、おみくじの結果に納得がいかない場合は、引き直すことも可能です。

今日の運勢を知った筆者は、ようやく1日の始まりを実感できました。

Siriでおみくじが引けることを知っておけば、家族や友人と盛り上がるのはもちろん、話のネタにもなりそうですね。

気になる人は、試してみてはいかがですか。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 11/9 15:14
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます