最大39%OFFのドトール新春限定「初荷2022」、人気ブランドとのコラボも

拡大画像を見る

 ドトールコーヒーは、こだわりのコーヒーをおトクに楽しめる新春限定セット「初荷2022」を、ドトールコーヒーショップで12月26日に発売する。発売に先立ち、11月11日から順次店頭で予約を開始する。

 新春限定セット「初荷2022」は、同日発売の数量限定コーヒー「ドミニカンブレンド 2022」と、定番人気のコーヒーを最大39%OFFで楽しめる“ドリップカフェセット”と“コーヒー豆セット”の全7種をラインアップ。
 ドリップカフェセットには、おトクなセット3種に加えて、「moz×DOUTORオリジナルドリップポット」や「moz×DOUTORオリジナルタンブラー」が入ったコラボセットを用意した。コーヒー豆セットは、店舗で利用できる「コーヒーチケット」と、2022年の干支「寅」をデザインした「オリジナルキャニスター」が入ったセットなど3種を用意している。
 コーヒー豆セットの「オリジナルキャニスター缶 初荷2022」は、2022年の干支である「寅」を、愛らしくデザインした。通常のキャニスター缶に比べて、スリムな仕様となっている。また、「コーヒーチケット」は、ブレンドコーヒー(S)、アメリカンコーヒー(S)、アイスコーヒー(S)と引き換えができる。
 オリジナルコラボセットの「moz×DOUTOR オリジナルドリップポット」は、ドリップカフェを楽しむのに最適なドリップポット。ドリップカフェ1杯分の推奨湯量の140ml部分に目盛り(豆マーク)が刻印されているため、計量する必要がない。また、沸騰したお湯をドリップポットに移し替えることで、コーヒー抽出に最適な湯温になるため、誰でも簡単においしいコーヒーが抽出できる。
 「moz×DOUTOR オリジナルタンブラー」は、ドリップカフェにぴったりなタンブラー。周りが熱くなりにくいステンレス二重構造のタンブラーを、今年はドリップカフェのサイズにあわせた口径と、ドリップカフェ1杯分を楽しめるサイズ感に仕様を変更し、コラボデザインで用意した。
 「ドミニカンブレンド 2022」は、原生林の中に佇む、ドミニカ共和国・シルベストレ農園で大切に育てられたティピカ種を中心に、ドトールのブレンディング技術により調和のとれた味わいに仕上げた。チェリーのようにほのかに香る、フルーティーな余韻を楽しめる。
 価格は、1800円から5800円。なお、ドトール バリューカードで「初荷2022」を購入すると、11月11日から来年1月11日の抽選期間中、素敵な賞品が当たる「初荷2022 運だめしくじ」に参加できる。

関連リンク

  • 11/9 16:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます