南美希子 熊田曜子を心配 裁判ですべて詳らか「しんどい、夢を売る仕事で」

拡大画像を見る

 フリーアナウンサーの南美希子が9日、フジテレビ系「バイキングMORE」で、タレントの熊田曜子がこの日、夫を暴行罪で訴えた裁判の第2回公判があったことに言及。裁判によってあらゆることが明らかになることで「熊田さんのお仕事を考えると…」と同情した。

 番組ではこの日の午後から始まった熊田と夫の第2回公判の「超速報」を放送。熊田の裁判での証言の一部なども紹介。また、熊田が「痛い、痛い」と叫び、何か物音がしている音声も放送した。

 熊田側が夫からの暴行を訴えているが、夫側は一切否定。言い分が真っ向食い違っている状態。南は「どんな理由があっても、男の人が手を挙げるのは容認できない」とコメントし、今回の裁判は「やむにやまれない裁判だと思う」とコメントした。

 ただ、裁判では知られたくないことも明らかになる可能性があることから「全部が詳らかになるっていうのは、熊田さんのお仕事を考えるとしんどい。夢を売る仕事で『痛い、痛い』って(いう音声が)蘇ってしまうと…」と心配していた。

関連リンク

  • 11/9 14:58
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます