無免許事故の木下都議「二度と運転しません」車はすでに処分

拡大画像を見る

 7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転で人身事故を起こし、公表せずに再選された木下富美子都議(55)が9日、再選後初めて登庁した。

 木下氏は都議会の委員会に出席に先立ち、議長室に呼び出され経緯を説明した。報道陣は約50人。正副議長との会談の後はぶら下がり取材にも応じ、終始固い表情で言葉に詰まりながら答えた。

 無免許運転については「二度と繰り返すことがないよう再取得はせず運転はしません」と反省。事故の被害者にも「改めておわび申し上げたい」とした。車は既に処分したという。

 ただ、無免許運転をした理由については「捜査中ですので」として答えず。「整理された段階で弁護士と相談しながら説明を行っていきたいと思います」と話すにとどまった。木下氏の事故を巡っては、警視庁が9月に自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反の疑いで書類送検した。

関連リンク

  • 11/9 13:14
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • トリトン

    11/9 18:55

    まあ女とは言わんが、政治家とかの連中はこんなものだよね、遊んで金もらえるから後でしれっと、頭を下にしとけば、バかな市民や地元は忘れるから、ほとぼり冷めるまでほっとくかもね。後は小池みたいに化粧して記者会見してやってるように、見せれば市民は忘れるから内心ウハウハ、車一台安いもなだよね。免許も取るの面倒だから渡りに船やん。頭いいわこの人。

  • あきひろ

    11/9 17:02

    給料泥棒

  • エッコ

    11/9 16:47

    アタマオカシイ・・・!!のらりくらりと躱してる内に皆が忘れてくれりゃ続けられるって、国民全員を馬鹿にしてるんだよ!なんなんコイツ!身内にもしこんなん居たら生きてて恥ずかしいわ!早く辞めてくれ!

記事の無断転載を禁じます