無免許事故の木下都議 ゴツい指輪2つ 欠席は「尋常でない状態続いた」と主張

拡大画像を見る

 7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転で人身事故を起こし、公表せずに再選された木下富美子都議(55)が9日、再選後初めて登庁した。事故発覚後は体調不良を理由に議会の欠席を続けていた。

 木下氏は胸元が開いたボルドーのワンピース姿。左手には大きめの指輪を2つ着けていた。都議会の委員会に出席に先立ち、議長室に呼び出され経緯を説明した。

 ぶら下がり取材にも応じ、終始固い表情で言葉に詰まりながら答えた。無免許運転については「二度と繰り返すことがないよう再取得はせず運転はしません」と反省した。

 都議会は7月と9月の2度にわたって辞職勧告を決議しているが「ぜひ続けてほしいという声があることも事実です」と議員辞職は完全否定。議会に出席しなかったのは「選挙活動の頃から体調が悪かった。事故を受けてさらに悪くなり、眠れなかったり食べ物が口を通らなかった時もあった。尋常でない状態が続いた」とあくまで体調不良とした。

 木下氏の事故を巡っては、警視庁が9月に自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反の疑いで書類送検した。

関連リンク

  • 11/9 12:54
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます