無免許の木下都議「議員続けて」の声あると主張「ご奉仕させて」と議員続行 HPで

拡大画像を見る

 7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転で人身事故を起こし、公表せずに再選された木下富美子都議(55)が9日、公式HPで自身の体調、報酬の使い道などを記した文書を発表した。木下都議は文面のラストで「失われた信頼を回復できるよう、償うべき償いを行い、これからの議員活動で答えを導き出しながら、ご奉仕させて頂きたいと思っております」とつづっており、議員辞職の考えはないとしている。

 木下都議はこの日、事故発覚後、初めて姿を見せた。都議会の委員会出席に先立ち、議長室に呼び出され経緯を説明した。事故発覚後は体調不良を理由に議会の欠席を続けていた。

 その後、自身のHPに文面を発表。注目の進退についてだが、「7/2の事故以来、大変多くの方々からご意見、ご批判、お叱りの言葉を頂きました。『議員辞職』を求める声も承知致しており、都議会での2回の『議員辞職勧告決議案』も重く受け止めております」としたものの「都議会議員1期目の4年間、立場の弱い方々が抱える課題、現在のシステムに風穴を開ける課題の解決に力を尽くして参りました」と自負もにじませた。

 そして「この間『議員を続けて欲しい。これまで通り力を貸して欲しい。』との声も頂いて参っております」ともつづり、「私にご信託くださいました有権者の皆様を始め、失われた信頼を回復できるよう、償うべき償いを行い、これからの議員活動で答えを導き出しながら、ご奉仕させて頂きたいと思っております」と、今後も都議として“ご奉仕”すると説明している。

関連リンク

  • 11/9 12:51
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます