無免許の木下都議 報酬192万円は「NPO法人などの団体に寄付」HPで説明

拡大画像を見る

 7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転で人身事故を起こし、公表せずに再選された木下富美子都議(55)が9日、公式HPで自身の体調、報酬の使い道などを記した文書を発表した。

 木下議員はこの日、事故発覚後、初めて姿を見せた。都議会の委員会出席に先立ち、議長室に呼び出され経緯を説明した。事故発覚後は体調不良を理由に議会の欠席を続けていた。

 体調不良については「寝付きが悪く、何度も目覚めてしまう」「食欲がない」などの具体的な症状をつづり、「医療機関を受診、診断書を頂き、お薬を処方して頂いております」と説明。今後も医師と相談しながら体調回復に努めるという。

 また報酬についても言及。事故後、一度も都議会などに出席していないにもかかわらず、報酬は支払われていたことに非難の声があがっているが「議員報酬の受け取り拒否は東京都への寄付となって公職選挙法で禁止されている」ことから、「新たな任期において月々振り込まれている報酬月額約64万円、欠席していた3ヶ月分の約192万円をNPO法人などの団体に寄付させて頂きました。公職選挙法に触れないよう、寄付先の選定には東京都選挙管理委員会にご相談させて頂いております」と説明した。

 また事故の被害者とは「10月半ばに示談をお受け頂きました。感謝申し上げます」と示談が成立したことも明かし「引き続き捜査中の案件であり、事件に関する具体的な事項については、弁護士の助言を受けて、整理された段階でご説明して参りたいと考えています」としている。

関連リンク

  • 11/9 12:38
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます