無免許事故&欠席の木下富美子都議 ついに都議会に姿を見せた 正副議長と会話

拡大画像を見る

 7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転で人身事故を起こし、公表せずに再選された木下富美子都議(55)が9日、事故発覚後初めて姿を見せた。都議会の委員会に出席に先立ち、議長室に呼び出され経緯を説明した。事故発覚後は体調不良を理由に議会の欠席を続けていた。

 都議会は7月と9月の2度にわたって辞職勧告を決議しているが応じず。正副議長は木下氏に自身の考えを直接説明するよう3度にわたって要請していたが、ようやく都議会に顔を見せた形となった。木下氏はうつむきながら正副議長と言葉を交わし、その後面会が始まった。

 木下氏は午後1時に開会予定の委員会にも出席の意向を示しているが、一部の都議からは辞職勧告を受けた立場での出席を問題視する声も出ている。

 木下氏は今年7月の都議選で「都民ファーストの会」から立候補し、当選。しかし、事故発覚後には除名処分を受け、現在は自ら立ち上げた1人会派「SDGs東京」を立ち上げ、ホームページで議員活動継続の意向を表明している。

 事故を巡っては、警視庁が9月に自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反の疑いで木下氏を書類送検した。

関連リンク

  • 11/9 12:08
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます