【難読】なんて読む? 「萎む」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「萎む」の読み方です。

何と読むのが正解? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「萎む」の読み方は?

「萎」は萎縮と読むので、“い”という読み方は知っている人もいますよね。なえるやしおれるといった意味の漢字になります。

しかし、これに送り仮名の「む」をつけて“いむ”とはさすがに読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“しぼむ”と読みます。

■「萎む」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「萎む」の意味は以下のように解説されています。

しぼ・む【▽萎む/×凋む】

[動マ五(四)]

1 草花などが生気をなくしてしおれたり縮んだりする。「花が―・む」

2 いっぱいにふくらんでいたものが張りを失い、縮む。「風船が―・む」

3 好ましいものへの期待で大きくふくらんでいたものが、勢いを失って小さくなる。「気持ちが―・む」「夢が―・む」

膨らんでいたものが小さくなるといった意味合いの言葉です。花や風船が萎むといったふうに使いますよね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「萎む」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。知っている言葉ですが、漢字で見ると案外読めなかったりしますよね。

送り仮名がつくことにより読み方は難しくなりますが、絶対に聞いたことがあると思うので、正しい読み方を覚えましょう。

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 11/9 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます