『名探偵コナン』スピンオフ2作、テレビ放送&Netflix全世界独占配信へ

拡大画像を見る

累計発行部数2億5000万部を突破し、記念すべき100巻も先日発売された国民的ミステリーマンガ『名探偵コナン』。あわせて100巻プロジェクトの始動も発表され、そのプロジェクトの1つとして『名探偵コナン』の公式スピンオフ作品『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』と『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』のアニメ化が発表されたが、この2作品のテレビ放送&Netflix全世界独占配信が決定した。




10月4日に解禁された、『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』のアニメ化決定のニュースは、Yahoo!リアルタイム検索でも1位になるほど、大いに盛り上がりを見せた。


そしてこの度、地上波、BSでのテレビ放送とともに、本日開催された【Netflix Festival Japan 2021】にてこの2作品のNetflix全世界独占配信が決定。犯沢さんや安室透の日常を、世界中いつでもどこでも楽しむことができる。


『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』は、原案・青山剛昌、かんばまゆこ による『名探偵コナン』でおなじみの黒タイツのようなビジュアルの“犯人”を主人公に描くスピンオフ作品。2017年より『少年サンデーS』にて連載中、コミックス累計発行部数は200万部を突破。世界トップレベルの事件が発生する犯罪都市・米花町に降り立った漆黒の人物”犯人の犯沢さん(仮名)”の日常・クリミナル・ギャグが描かれる。


『名探偵コナン ゼロの日常』は、『名探偵コナン』原作者・青山剛昌の完全監修、新井隆広が描く公式スピンオフ作品。2018年「週刊少年サンデー」24号より連載を開始し、現在も不定期連載中。コミックス累計発行部数は270万部を突破。公安・探偵・黒ずくめの組織と、3つの顔(トリプルフェイス)を持つ安室透の誰も知らない日常が描かれている。(※累計発行部数はいずれも電子版含む)


『名探偵コナン 警察学校編 Wild Police Story』含め、スピンオフの3作品が全てアニメ化という快挙を達成した。



■『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』 

Ⓒ かんばまゆこ・青山剛昌/小学館・「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」製作委員会


■『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』

Ⓒ 新井隆広・青山剛昌/小学館・「名探偵コナン ゼロの日常」製作委員会




関連リンク

  • 11/9 12:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます