そんなつもりじゃないのに...!【大好きな男性へのLINE】が上手にできない理由は?

拡大画像を見る


好きな人へじゃなかったらLINEは好きだし、LINEばかりしているのに好きな人になるとLINEが上手にできないことがありませんか?
いつも通りにできたらもっと上手くコミュニケーションがとれるのにと思うこともあるでしょう。
そこで今回は、好きな人へのLINEが上手にできない理由について紹介します。理由が分かるともっと上手にLINEをすることができるようにもなるでしょう。


考えすぎている

好きな人とのLINEになると考えすぎてしまってスマホを目の前にして固まってしまうことがありませんか?
「こういうLINEってしていいのかな?」「なんて返したら相手が喜ぶのかな?」などのように必要以上に考えすぎている可能性があります。
考えすぎてしまうとLINEのテンポが悪くなってしまうため、上手くLINEができない状況を産みやすくなるでしょう。考えてLINEするのも大事ですがもっと感覚の部分を大事にするのも大事ですよ。


嫌われたくないと思う気持ちが強い

好きな人にLINEするとき、嬉しさもありますが「このLINEで嫌われたらどうしよう」と思うこともあるでしょう。
嫌われたくないと思えば思うほどLINEを打っては消してを繰り返してしまうこともありますよね。
あまりにも嫌われたくないと思うと上辺だけの内容しか送れなくなることもあるでしょう。そのため、自分らしさを失って上手くLINEすることができなくなるのです。


好きってバレたくない

本当は好きな人とのLINEは嬉しいし、素直にその嬉しさを表現したいと思いながらも、好きってバレるのは嫌と思っていませんか?
好きってバレたくないという気持ちが強いと、素直になれないのでつい冷たくしてしまうこともあるでしょう。
本当はLINEしたいのになかなか上手くすることができないという空回りの状態になってしまうのですね。LINEだけで簡単に好きバレしないと思って心にゆとりを持ちましょう。


自分のドキドキが邪魔してしまう

好きな人からLINEがくるとそれだけでドキドキして、LINEを読んだり返事を考えたりするだけでもドキドキしてたまらなくなることもありますよね。もう自分のドキドキが聞こえてくるような気もするでしょう。
そのドキドキが邪魔してしまって伝えたい言葉やその時に話したかったことなどが上手くまとめられなくなってしまうのです。冷静になったときに「もっとこうしたらよかった......」と思うことも多いですよね。


好きな人へのLINEは落ち着いた心でしよう

好きな人にLINEするときはまずは落ち着くことが大事です。少し客観的な自分を持ってLINEするとうまくいきますよ。(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/9 12:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます